2016年9月26日 (月)

新カテゴリー「フェミニズム・ジェンダー」

新しいカテゴリー「フェミニズム・ジェンダー」を追加しました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月20日 (火)

出来事と帰責

「豊洲問題」はこのところ、マスコミの好餌となっている。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

関曠野『なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか』(2016年)〔前編〕

■思想史家関曠野について
関曠野はアイデアの塊である。早口なのも頭の中に言いたいことが詰まっているせいだろう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

〔要約〕 尾藤正英『日本文化の歴史』(2000年)岩波新書

以下は、下記の書の全編にわたる章・節毎の要約である。閲覧される方のご参考になれば幸甚。

尾藤正英『日本文化の歴史』(2000年)岩波新書
第1章日本文化の源流
第2章古代国家の形成と日本神話
第3書仏教の受容とその発展
第4章漢風文化から国風文化へ
第5章平安時代の仏教
第6章鎌倉仏教の成立
第7章内乱期の文化
第8章国民的宗教の成立
第9章近世国家の成立と歴史思想
第10章元禄文化
第11章儒学の日本的展開
第12章国学と洋学
第13章明治維新における公論尊重の理念
第14章近代日本における西洋化と伝統文化
参考文献
あとがき

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月31日 (水)

ラテン系は怠け者か

ここで一つのデータを見よう。

OECD(経済協力開発機構)『学習到達度調査』(2012年調査)

数学  日本7位 スペイン33位(65カ国中)
読解力 日本4位 スペイン31位
科学  日本4位 スペイン29位

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

日本社会の構造転換(4)

ヒルネスキー様の、日本社会の構造転換(3)に頂いたコメントに10か月ぶりに応答します。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

印刷博物館探訪(1)

東京都文京区にある印刷博物館を訪ねた。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

近江聖人の人間観

中江藤樹『翁問答』上巻之本(1650年)、より

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月28日 (火)

歴史における事実と意見

中学歴史教科書で最も優れているのは東京書籍だと思うが、今年改訂された版の P.114に、「さまざまな身分と暮らし」という節がある。そこに我々も耳タコの「士農工商」の記述がある。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

なすべきことを発見する方法

人間にはその時々において大抵、「やりたいこと(実現したいこと)」(願望or欲望)がある。また、その際、当人にとって所与の環境条件や所持している能力・スキルによって制約され、限界づけられる「できること」(実行可能性)がある。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

70年代J-POPの名曲ふたつ

小野香代子「さよならの言葉」1977年
第13回ヤマハポピュラーソングコンテストグランプリ

柴田まゆみ「白いページの中に」1978年
第15回ヤマハポピュラーソングコンテスト入賞

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

日本史学における概念史の嚆矢

ドイツ国制史で鍛えられてきた概念史 Begriffsgeschichte 。それに類することは、自覚的でないならばこれまでにも幾つかある。例えば、網野善彦が「百姓」は farmerではなく、common people の意味だ、と発言しだしたのはおそらく1980年代後半からだと思う。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人のミメーシス力としての「ハッチポッチステーション」

日本人の模倣力については、石川淳『文学大概』の「江戸人の発想法について」(1943年)において、江戸人は思想を分析するのではなく、俗化する操作と して「やつし」=「俳諧化」を好む、ということを述べていることが関連する。隋唐文化の「やつし」が奈良朝、欧米近代文化の「やつし」が明治文明開化だ。 日本文化のミメーシス的特性だろう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月23日 (月)

浄土真宗の《予定説》

願力回向の説
親鸞は、このような心を抱くこと自体が、阿弥陀仏の側から一般衆生に回向されているとし、信ずる心を含めて、浄土往生に必要な条件は、すべて阿弥陀仏の願力によってすでに実現されているのであって、ただその事実を信じさえすればよい、と説いた。
尾藤正英『日本文化の歴史』岩波新書(2000年) 、P.97

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

D.ヒューム「市民的自由について」1742年 (David Hume, Of Civil Liberty)

日のもとに新しきものなし

つい先日、意気揚々と掲載した記事と同じ内容を、31歳のヒュームが274年前に論じていた。う~ん、悔しいというべきか、悲しいというべきか。そもそも天からの gift が違うのだろうから、仕方がないか。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

祝! amazonレビュー like 700票

 私のamazonレビューは68点ある。そのうち、

役に立った(amazon.comではlike)  700票
役に立たなかった(同じくdislike)    319票
役に立った率                           68.69%

と相成った。2016年05月07日現在。初めての投稿は、2003年03月24日。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 4日 (水)

国債発行利回りの30年間の推移

 前回のエントリー関連で、日本の長期国債の表面利率(発行利回り)の推移が気になったので調べてみた。財務省のサイトには、国債の昭和50年度末以降表面利率の加重平均データがあったので、当方でExcel化してグラフ化した。また、流通利回りの長期統計もあったので、とりあえず10年物が発行され始めた昭和61年(1986年)からの10年物国債の推移をグラフ化してみた。それが下記。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 2日 (月)

エントロピーと成長経済

 自然界では、物質は必ず劣化し朽ちる。生物種の個体もその例外ではない(したがって、自己複製することで生物はそれを乗り越える)。地球の自転でさえ、潮汐力等の様々の要因による抵抗で少しづつ自転速度が遅くなっていることは、原子時計の登場以降明らかになっている。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月25日 (月)

天台本覚論から西田へ、徳川人文主義から和辻へ

・・西田も和辻も、抽象的な意味での「個人」にとらわれた考え方から脱却している点では共通しているが、その中でも、社会的存在として活動している時の、 内面的な心のあり方に焦点を置いたのが、西田の哲学であり、これに対していわば客観的に、人々の社会的な行動の様式の方に関心を向けたとき、和辻の思想となった、といえよう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月19日 (火)

追悼 安丸良夫

 安丸良夫氏が今月(4月4日)亡くなられた。2月、自宅近くで交通事故に遭遇され、入院中だった由。81歳。

私は安丸のよい読者とは言えない。調べてみたら、手元にあるのは3冊。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月18日 (月)

百年後のアルマダ

 1688年6月、イギリスの反国王派(ホイッグ)から極秘にウィレムに渡英の招請状が届けられ、ウィレムもこれを受諾した。ただこの時点ではウィレムにはっきりと王位が約束されていたわけではなかった。これにたいして連邦議会も9月29日ウィレムを支援していくことを全会一致で決定した。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月14日 (木)

葬式仏教の歴史的意義

・ ・・。檀家制度も本末制度も、通説としては江戸幕府により、鎖国以後の宗教統制のために作られた制度であったと考えられているが、前記の竹田氏の研究によれば、民間寺院の80%が、鎖国直後の寛永20年(1643)までに成立している。
尾藤正英『日本文化の歴史』岩波新書(2000年)、p.129

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月10日 (日)

名誉革命=英蘭コンプレックスの出現 (Anglo-Dutch complex)

 そもそもアウクスブルグ戦争のさなか、イングランド銀行が戦費のために国債受け入れおよび発券銀行として設立され、P.ディクスン のいう「財政革命」、 J.ブルーワ のいう「財政軍事国家」の柱石となる。オランダとイングランドの同君連合(1689-1702)にともなう軍事的金融的複合体は、結果的に、 前者から後者への世界覇権のソフト・ランディングをもたらした。
岩波講座 世界歴史16 主権国家と啓蒙16-18世紀(1999年) 、p.60(近藤和彦「近世ヨーロッパ」)

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

夢窓疎石 一代のプロデューサー

 この時代、幕府と結びついて国教的な位置に立ったのが臨済宗の禅であった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 8日 (金)

最澄の一乗・三乗論争

一乗・三乗論争というのは、法相宗は、声聞・縁覚・菩薩という修業者の三つの種類(三乗)に応じた悟りの別があるという三乗説に立ち、それに対して、天台宗はすべての人は同じく仏になることができるという一乗説(一乗思想)に立つことによる。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月30日 (水)

本地垂迹

神仏習合の諸相
1.神は迷える存在であり、仏の救済を必要とするという考え方。
2.神が仏教を守護するという考え方。
3.仏教の影響下に新しい神が考えられるようになる場合。
4.神は実は仏が衆生救済のために姿を変えて現れたものだという考え方。
末木文美士『日本宗教史』2006年岩波新書 、P.39~40

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月18日 (金)

対馬と琉球、その近世日本における国際関係

 このうち、対馬を介した朝鮮と日本の関係は、ほぼ対等な国家間の外交と言ってよいものであった。近世を通じて、前後十二回、朝鮮から使節が訪れ、その際には、朝鮮国王と日本大君(徳川将軍)との間に、対等な書式の国書が交わされたのである。(続く)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月27日 (火)

現実としての「一揆」と思想としての「社会契約」

 ふと、頭をよぎったことがある。政治思想史のテキスト類には、西欧初期近代の部に必ず、「社会契約」論の項があり、思想家の肖像画や代表的著作は図版で載る。しかし、そういったテキスト類で日本中近世の部に「一揆」が概説されることはない。西欧史テキストで、初期近代の部で「社会契約論」が思想家の名とともに記述されることはあっても、その「社会契約」書そのものは図版で見ることは決してない。一方、高校の日本史教科書でも、「一揆」書状の現物写真は「唐傘連判状」などが堂々と掲載されている。

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

米原万理『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』角川書店(2001年)

 「泣き」は直接、人間の情念に働きかけるが、「笑い」は知性を媒介して心を動かす。だから、実は悲劇よりも喜劇のほうが、「泣かせる」よりも「笑わせる」ほうが難しい。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

日本社会の構造転換(3)

弊ブログの「日本社会の構造転換(1960年革命)」に新しいコメントを頂いた。

日本近代の人口成長には、
①1866年から1907年まで関税自主権喪失 → 平均寿命の低下
②1921年(大正10年)に上水道の塩素殺菌開始 → 乳幼児死亡率低下
以上の2点が関連する。

簡略に回答を試みる。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月29日 (火)

明日の自分は別の自分

 書き上げたばかりの時には見つからなかった文章の誤記や論旨の不整合が、ある程度の時間をおいて再度見直したときに発見されることがよくある。なんでこんな迂闊な過ちをするのだろう、と一人で顔を赤くするときも一度ではない。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月17日 (木)

知の縮尺

 知識には地図のような縮尺がある。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月16日 (水)

Grau, teurer Freund, ist alle Theorie,Und grun des Lebens goldner Baum.(Mephistopheles)

Mephistopheles:
Grau, teurer Freund, ist alle Theorie,
Und grun des Lebens goldner Baum.
Faust: Eine Tragodie von Johann Wolfgang von Goethe - Text im Projekt Gutenberg

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月10日 (木)

恋の奴隷(秦基博 2012年)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

ヒトは時速何kmで歩くか

 先月、首都圏のJRで、ケーブル火災による停電を原因とする長時間の不通が起こった。19時過ぎに発生し、結局、当日内には復旧しなかった。本記事はその日の私的顛末のメモである。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

塩沢由典・有賀裕二編著『経済学を再建する』中央大学出版部(2014年)〔結〕

■はじめに
 著者は、2014年3月、勤務されていた大学を定年退職された。その機会に著者は2冊を同時に出された。本書塩沢由典『リカード貿易問題の最終解決―国際価値論の復権』岩波書店 、である。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

塩沢由典・有賀裕二編著『経済学を再建する』中央大学出版部(2014年)〔5〕

■第5章 新しい国際価値論とその応用(塩沢由典)
1.はじめに
2.リカード貿易理論の最小モデル
3.国際価値論の基本結果
4.輸送費がかかる場合ほかへの拡張
5.生産技術の変化とその影響
6.赤松要の雁行形態論(基本形)

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

塩沢由典・有賀裕二編著『経済学を再建する』中央大学出版部(2014年)〔4〕

■第4章 古典派価値論のリドメイニング(塩沢由典)
1.はじめに
2.古典派価値論の再定義
3.古典派価値論の意味しないもの
4.古典派価値論に欠如するもの

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月15日 (土)

塩沢由典・有賀裕二編著『経済学を再建する』中央大学出版部(2014年)〔3〕

■第3章 価値と数量の二重調整過程(塩沢由典)
1.機能する経済の基本前提
2.進化のミクロ・マクロ・ループ
3.進化経済学を補完する価値論
4.生産量の調節と需要の変化
5.ケインズとリカードを結びつける

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

塩沢由典・有賀裕二編著『経済学を再建する』中央大学出版部(2014年)〔2〕

■第2章 進化経済学の可能性(塩沢由典)
1.はじめに
2.進化経済学を支えるシステム理論
3.生産関数からグローバル・ヒストリーまで
4.スケール・フリー・ネットワークと経済成長

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

塩沢由典・有賀裕二編著『経済学を再建する』中央大学出版部(2014年)〔1〕

今回試みるのは下記の書評である。その中でも、塩沢由典氏の手になる提案編の合計5章のみである。これは偏に弊ブログ主の知的資源の限界ゆえである。ご寛恕願いたい。1章づつ記事化する。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月11日 (火)

1クラスに誕生日の同じヒトは何人いる?

暑気払いに、ポピュラーな数理クイズをひとつ。

「小学校で1クラス40人だとすると、その中に同じ誕生日のお友だちは何人いるでしょうか?」

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月31日 (金)

「弱さ」こそ、素晴らしい

人間は万物の霊長であるから、人間以外の生きものと何かしら顕著な違いがなければ理屈が通らない。しからば、それはなにか。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

「個人の自由とデモクラシーによる統治とのあいだにはなにも必然的な連関があるわけではない」

〔問〕「個人の自由とデモクラシーによる統治とのあいだにはなにも必然的な関連があるわけではない」というI・バーリンの主張について次の4つの語句を用いて論じなさい。
【積極的自由、消極的自由、代表制デモクラシー、リベラリズム】

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 9日 (木)

明治の立身出世主義の起源について(5)

この「立身出世主義」の議論に関して、ブログ主が最も影響を受けたのは、下記の関曠野の卓抜なエッセイからである。他ブログでご教示頂き、そういえばと思い出したので、本ブログに再掲しておく。諸氏もぜひご一読を。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 8日 (水)

国制と名前(name)

2015/06/18付 塩沢由典様のコメントへの応答です。

■徳川期における名字に関して

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

明治の立身出世主義の起源について(4)

貴重なコメントへの返信の義務もあるのだが、ちと書きたいことも出たのでそれを先に書かせて頂く。恐縮。

■「立身出世主義」は、Weberの「資本主義の精神」と等価か?

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月28日 (日)

論理実証主義 logical positivism

以下、坂本百大氏の手になる、平凡社世界大百科事典(1998年)中の、「論理実証主義 logical positivism」の項目記述。

簡にして要を得た、手堅く見事な梗概。百科事典中の項目として埋もれてしまうのは実に惜しいので掲載させて頂いた。知の発展は《因果律》ではなく《進化律》に従う確率的なもの。多くの眼に晒すことが大切と考えた次第。ただし、著作権者から削除要請が来たらそれに従う所存。
直近のコメント等に応答するのに己の頭のたな卸しの必要を感じたので、その一環です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月18日 (木)

明治の立身出世主義の起源について(3)

「成功哲学」。この言葉に最もしっくりくる国民は日本人以外では誰か。

無論、米国人である。故国イギリスの宗教的迫害を逃れ、「新世界」を求めたピルグリム・ファーザーズ。そこに身分制を含む旧世界文明を清算し、「現代のローマ帝国」を建設しようとした建国の父たち。

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

解釈学 Hermeneutik としての進化論

ある所与の環境における「選択圧」とそこに生息しているある個体(あるいは種)の変異には、事前に結びつく「必然性」はない。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

古代ギリシア人の名前

随分前に、天皇になぜ姓(family name)が無いのかを数編書いた。そこで古代ギリシア人にも姓(family name)がないことを記し、典拠も紹介した。偶然に、他の文献も知ったのでご報告。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日)

光の速度を超える話

光の速度は、秒速約30万km(c = 299792458 [ m / 秒 ])。地球から火星まで最短距離(太陽→地球→火星と直線に並んだとき)だと、約7700万km。ということは、地球から火星まで光の速度で、7700万 km ÷ 30万km = 256秒 = 4分28秒、かかる計算となる。

さて、こう考えてみよう。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

新古典派経済学の起源

塩沢由典 様のコメントへの応答

コメントありがとうございます。
新古典派経済学が一般均衡論をフレームワークとしてメインストリームを形成したのは、1950年代のアメリカです。Debreu、Arrow、といったビッグネームが活躍しました。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月27日 (水)

思想とは空気である(2)

R.ベネディクトのと刀』 (講談社学術文庫) の元になった研究(第二次大戦中)のスポンサーが、米国政府(United States Office of War Information)であることに釈然としないものをずっと感じていたが、下記を読み諒解した。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月25日 (月)

循環と生成(メモ)

合理性の限界下にある諸個人が複雑な世界において生活を営めるのは、その生きている世界(ないし社会)に定常性(循環性)が存在するからである。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

アリストテレス「詩学」Aristoteles, Peri poietikes (補遺)

(2)の記事とほぼ同じ指摘がされているのを知らせて頂いたので記載しておこう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

邯鄲の歩み

今、大文明国である大日本国の最高学府で、知的殺戮が繰り広げられている。
文科省の大馬鹿プロジェクト「スーパーグローバル大学創成支援プログラム」である。それがどれほど野蛮で、Les Misérables(「噫無情」の原題)な事態なのかは、下記のブログ記事をハンカチを握り締めて読んで欲しい。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

アリストテレス「詩学」Aristoteles, Peri poietikes (2)

≪3.分析≫
ここからは、ブログ主の研究テーマである「複雑系 Complex Systems」から見た本書の分析。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

アリストテレス「詩学」Aristoteles, Peri poietikes (1)

≪1.読後感≫
最初に思ったのは、この二千年前のドラマ論(=傑作ドラマの条件とはなにか?)が21世紀の現代でも全く古びてない、ということ。昨今の映画、 アニメ、テレビドラマ、小説、等における素晴らしい作品や、近現代の名作、名画、傑作と評判のものには、アリストテレス大先生が指摘するドラマ構造(=物語の結構)が脚本に作劇術 Dramaturgie として仕込まれているからこそ、面白く感動的なのだ、ということが如実にわかる。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

読書をすると頭が良くなるか?(2)

「読書をすると頭が良くなる」理由を二つの角度から考えてみる。

■本の情報量は少ないが故に、読書すると頭が良くなる

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

読書をすると頭が良くなるか?(1)

「読書をすると頭が良くなる」
これは多分まちがいない。少なくとも、私は頭が良くなったと実感している(笑)。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月14日 (火)

森杲『アメリカ職人の仕事史:マス・プロダクションへの軌跡』中公新書1996年

以下、書評、というよりは、読後感のレジュメ。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

中野好夫『文学の常識』角川文庫(1961年)

本書は、はしがきによれば、3回連続の文化講座と一つの講演を編集し、加筆してなったものとのこと。整然とした文学概論を目指したものではなく、読物というのが著者の言だ。しかし、まとまった文学論の類は読まない当方としては裨益するところ多かった。

興味深かったのは、7つ目のエッセイ「文学と道徳 ―アリストテレスのカタルシス論―」と、次の「近代小説の起源と発達 ―近代リアリズムについて―」。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

2014年の本ブログ記事アクセスTOP50

下表は、昨年1年間の本ブログの記事別閲覧回数と平均滞在時間だ。

本ブログの最初の記事は、2005年5月3日(火)の、
小池滋「英国流立身出世と教育」(1)
であるから、足掛け10年近く書き続けていることになる。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年11月 9日 (日)

徳川朱子学はどこに消えたか

弊ブログ記事に貴重なコメントを頂いた。せっかくなのでコメント欄での応答とはせず、簡略に新記事とさせて頂くことにする。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

カルティエの最新CM

Youtubeの再生には、CMが前座で挟まる。
たいていは Skip するが、最新のCartier CMは、動画そっちのけで、思わず見入ってしまった。必見。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

山田孝之 爆笑CM2本

シャンプーのCMで美声とコミカルな演技で抜群の俳優がいる。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

想像された「鎖国」国家

歴史像は創られる、その必要に応じて。

その典型が、例えば、中学校教科書(歴史)に未だに書かれている

江戸幕府の成立と鎖国

と言った表現だろう。では「鎖国」像はどう創られたのか。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

A smart and cool footballer : Atsuto Uchida

「アツトは桁外れな自制心を持つ選手で、戦略指示を100パーセント実行する」(シャルケ強化部長ホルスト・ヘルトの内田篤人評

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ユルゲン・クロップ監督 Q&A

ドルトムント監督、ユルゲン・クロップのQ&Aが面白い。まずは、ご覧あれ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月30日 (火)

情報化社会としての徳川十九世紀

化政期(一八一〇、二〇年代)から天保期(一八三〇年代)には、実質上、大衆社会状況を呈していた列島社会は、徳川のレジーム(徳川氏一姓支配)と齟齬をきたし始めていた。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月29日 (月)

大人の時間、子どもの時間

ゾウの時間 ネズミの時間 』という科学啓蒙書のロングセラーがある。本記事のタイトルはそれをちょっとマネてみた。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

内村鑑三におけるピューリタニズムの精神と経済

内村鑑三なぞ、一度も読んだことが無かったので、下記のようなことを言っているなどとは露知らなかった。内村はクリスチャンなので、そうと知れば、確かに言いそうだなぁと思うのだが・・・。とりあえず本日のところは備忘録代わりにメモしておく。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

山田大記、ドイツで公式戦初ゴール

ようやく、山田大記にドイツ・リーグ(2部)での初ゴールが生まれた。下記。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

ルイス・スアレスの股抜き

いやー、とにかく凄い。何はともあれ、下記の動画を見られよ(我らのShinji Kagawa も7番目に抜かれてます)。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

徳川社会における「想像された共同体」(2)

同工異曲の記事が既に数本あることを思い出しました。
これを(2)としておきます。ご笑覧頂ければ幸甚。

1)「源氏物語」ナショナリズム

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

徳川社会における「想像された共同体」(1)

■主権国家
 近代主権国家は、通常、次の三条件を兼ね備えている。

» 続きを読む

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

日暮し「いにしえ」1977年

※ドラマ挿入歌。原作五木寛之による「恋歌」(日本テレビ系:中野良子主演)。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

カテゴリー「Shinji Kagawa」を作成

過去記事を見直すと、結構な量の香川真司関連の記事があった。 そこでドル復帰記念に...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

社会秩序の崩壊と個人の救済

故尾藤正英氏の新著にこうある。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

2014年香川真司の選択

マンチェスター・ユナイテッドに移籍して2年間、ボルシア・ドルトムント時代の躍動感が香川に戻らない。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

この敗戦が「いい経験」になるかどうかは、今後の努力次第(イビチャ・オシム)

2014年6月時点での日本代表が、地球の裏側から不本意な結果と内容で6月中に帰国の途に着かなければならないことが明らかになってからというもの、 football関連の記事を書く気が全く起こらなかった。先に書評記事を投稿するという原点に回帰したのもそれが大きい。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

樺山紘一編著『新・現代歴史学の名著』2010年中公新書

本書はブックガイドである。編者樺山氏が1989年に刊行された同氏の手になる前篇『現代歴史学の名著』との重複を避け、新たにご自分でチョイスした現代歴史学の名著リストということになる。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

川口能活「初戦のコートジボワールに勝てば、ベスト8に行けると思います」

いよいよ、WCが明日午前5時(日本時間)から始まる。日本代表の初戦(対コートジボアール)は日曜日午前10時(日本時間)だ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

世界一かわいらしい童謡

今日は「母の日」。母をうたった歌と言えば、この童謡を思い出す。世界一かわいらしい歌だと思う。

童謡アニメ「ぞうさん」 自作のへっぽこ変なflashアニメ - YouTube

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

思想とは空気である

John Maynard Keynesの主著、The General Theory of Employment, Interest and Moneyの巻末に素晴らしい文がある。弊ブログで時折り引いているので二番煎じ三番煎じではあるが自戒のためにも再び引用したい。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

権力考(1)

■権力
権力(力 power)とは、2人以上の人間の関係において観察される、命令(言葉、合図、示唆など)-服従(行動)の現象である。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユナイテッドの行く末

Manchester United が Sunderland にホームで0-1で敗戦した。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

18C末徳川期の諸資源の相対価格

ある雑誌エッセイ*に徳川天明末から寛政初における、経済諸資源の相対価格がわかる非常に興味深い史料が記載されていた。ご紹介する。

» 続きを読む

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

ちょっとしたお願い

弊ブログ記事に仏語の書評誌からリンクがついていたようです。下記。

Comment j’ai traduit "Albucius" de Pascal Quignard en japonais | La Re'publique Des Livres par Pierre AssoulineLa Re'publique Des Livres par Pierre Assouline

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月30日 (水)

小倉紀蔵『新しい論語』ちくま新書(2013年12月)

本書帯にこうある。

東アジア思想の古層を探求する
通説を覆す
画期的新解釈

う~む。確かに画期的解釈。そして、著者の議論の前提である、

『論語』は「第三の生命」論の書である

を一旦了承するなら、本書の議論は『論語』解釈として一貫している、と言ってよい。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

「わかる」ことと「できる」こと

小学校の算数。中学・高校での数学。これを手がかりに科学哲学(風)の議論をしてみたい。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

シメオネ「夢が失われるのは、その夢を見る人間が死んだときのみ」

Diego Simeone。
La Liga の Atlético de Madrid の監督である。現役選手のときは、そのファイトとずる賢さ(汚さ)に随分腹が立ったものだが、監督に転進してからは、その発言にインテリジェンスの煌めきを感じることがしばしば。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

読書における刺身とつま

ひとが何か文字や記号を書き連ねて何かの媒体(紙でも、HDDにでも)に記録するという場合、必ず「誰か」に宛てて「なにか」書いているのである。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月31日 (月)

東京帝国、その支配の起源(1)

「東京帝国-地方植民地」構造の歴史的起源は、意外に新しい日付を持っているのではないか。それは、財務省(財政=所得循環)、日銀(金融=資金循環)と関連する。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月30日 (日)

徳川期の富の余剰について

徳川期をパラダイスのように言うのは拙速であり、愚劣である。

しかし、徳川期に悪徳があったとしても、同時代の西欧強国の市民社会にもそれに匹敵する人間的悪徳は腐るほどあったであろう。徳川期の肯定的な点を指摘すると、そのリアクションとして暗黒面を言い募るの向きがいるのは、平衡感覚があるようにみせかけて、その実、明治期近代の賛美の片棒を担ぐ魂胆がほのみえる。

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金)

ローマ支配から離脱するヴェネツィア

某MLでご教示頂いた。水の都ベニス(Venezia)が、ローマの頚木(イタリア共和国)からの独立を問う住民投票で、89%の賛成を集めた、とのこと。下記。

89% of Veneto residents vote for independence from Rome ― RT News

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

修道女の歌う、Alicia Keys "No One"

数日前に、Yahoo! Japanでヘッドラインが流れていたのでご存知に方も多いだろう。イタリア、シチリアのウルスラ会の修道女が、イタリア版《のど自慢》番組(?)に出場して、全国的なセンセーションを起こしている。興味半分で聞くと、これが素晴らしい。下記。
イタリア版の「天使にラブソングを・・・」か?

話しが少々それるが、出場者に対して、審査員をブラインドにするというのはなかなか良いアイデアとちょっと感心。

The Voice IT | Serie 2 | Blind 2 | Suor Cristina Scuccia - #TEAMJ-AX - YouTube

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

バベットの晩餐会 Babettes gæstebud(1987)

たまたまGyaO!で視聴。

夜中なのに、何か食べたくなりますね。海亀がちょっとかわいそうでしたが・・・。

この映画、一つ不思議なのは、老姉妹の家が戸口は小さいのに、晩餐会ができるほどの奥行きと拡がりがあること。なにか謎です。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«新カテゴリー「John Stuart Mill」を作成