トップページ | ユライア・ヒープ(「英国流立身出世と教育(2)」) »

2005年5月 3日 (火)

小池滋「英国流立身出世と教育」(1)

 この本の著者は、現代日本の著作家中、英国「を」語ったり、英国「で」語ったりするときにまず指を折られる巧者。その間口の広さ、奥行きの深さは端倪すべからざるものがあります。

 私も一気に読んでしまいましたが、ただ一点引っかかったのは、著者が大学教授であるが故の、ご自身が奈辺に立たれているのか、という点。著者は、東京生まれの東大英文ご出身で、東女(とんじょ)教授。まずは奨学金少年ではなさそうですし、出身大学も、勤務先もredbrickではない。憶測すれば、戦前中産階級上層のエリートの御家筋と見ました。そうであればこそ可能である、筋金入りの教養、中庸な(大人な)語り口なのは承知しますが、であるだけに、そういう方に言われても、というヒガミが、私のような「成り上がり」切れない下層階級のものにはあるのでした。

 小池滋『英国流立身出世と教育』1992年(岩波新書)

|

トップページ | ユライア・ヒープ(「英国流立身出世と教育(2)」) »

文学」カテゴリの記事

書評・紹介」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

西洋」カテゴリの記事

近現代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/3962628

この記事へのトラックバック一覧です: 小池滋「英国流立身出世と教育」(1):

トップページ | ユライア・ヒープ(「英国流立身出世と教育(2)」) »