« ニホンか、ニッポンか | トップページ | 「青春」はいつから? »

2005年7月30日 (土)

賞典禄、あるいは「革命家」のボーナス(1)

 西郷隆盛2000石(5億4千万円)、木戸孝允1800石(4億8千6百万円)、大村益次郎1500石(4億5百万円)、山県有朋600石(1億6千2百万円)*。

 これは、新政府が維新への貢献度に応じて行った論功行賞のボーナスである、賞典禄の支給額の一例。一石=27万円で換算**。「革命家」は一度やったら止められませんな。

*岡 義武 『山県有朋』 岩波新書 1958年、より

**磯田道史『武士の家計簿』新潮新書(2003年)、より。

〔参照〕
賞典禄、あるいは「革命家」のボーナス(2)

|

« ニホンか、ニッポンか | トップページ | 「青春」はいつから? »

山県有朋」カテゴリの記事

幕末・明治維新」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

書評・紹介」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

靖国神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/5225537

この記事へのトラックバック一覧です: 賞典禄、あるいは「革命家」のボーナス(1):

« ニホンか、ニッポンか | トップページ | 「青春」はいつから? »