« I.バーリン『自由論』 | トップページ | 森 杲『アメリカ職人の仕事史』中公新書(1996年) »

2005年8月18日 (木)

I.バーリン『自由論』(2)

 このエッセイ集では、たいてい”消極的自由”と”積極的自由”が話題にされるが、それよりも「歴史の必然性」のほうが、science の神話に取り囲まれている現代知識人にとって決定的に重要だと思う。「近代人はユダヤ人化」(大木英夫『終末論』1972年 (紀伊国屋新書)せざるを得ないから。A.センとの齟齬もその点と関連する。

|

« I.バーリン『自由論』 | トップページ | 森 杲『アメリカ職人の仕事史』中公新書(1996年) »

Isaiah Berlin」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: I.バーリン『自由論』(2):

« I.バーリン『自由論』 | トップページ | 森 杲『アメリカ職人の仕事史』中公新書(1996年) »