« I.バーリン『自由論』(2) | トップページ | 明治 »

2005年8月18日 (木)

森 杲『アメリカ職人の仕事史』中公新書(1996年)

 なぜ、どのようにして、American System of Manufacturers(大量生産方式)が誕生したのかを、クラフツマン、メカニックと呼ばれたアメリカ職人の役割からたどる、経営史、技術史、労働史の極めて高度な書。

アメリカでも類書はほとんどない名著。ゆえ に売れずに品切れ中。戦間期、シカゴ大にドイツ語圏からの亡命ユダヤ人学者が転がり込む背景や19世紀終わりに盛り上がったアメリカ労働運動の拠点がなぜ シカゴだったのかもこの書を読んで合点がいく。

森 杲(もり たかし)
アメリカ職人の仕事史―マス・プロダクションへの軌跡
中公新書
1996
412101328X 品切れ

※中身のもう少し詳細なレビューは下記をご参照。
森杲『アメリカ職人の仕事史:マス・プロダクションへの軌跡』中公新書1996年

|

« I.バーリン『自由論』(2) | トップページ | 明治 »

書評・紹介」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

米国」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

近現代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/5521790

この記事へのトラックバック一覧です: 森 杲『アメリカ職人の仕事史』中公新書(1996年) :

« I.バーリン『自由論』(2) | トップページ | 明治 »