« 同輩たち(equals)の統治 | トップページ | 天下を保つ匹夫(顧炎武) »

2005年8月21日 (日)

勝俣鎮夫『一揆』

勝俣鎮夫『一揆』岩波新書1982
4004201942
品切れ中

 この列島の歴史において、〈法=正義〉が実現される場が、〈一味同心〉〈一味神水〉を堅く約した、日常の縁を断ち切った非日常の〈一揆〉という場であったことを論じた画期的著作。大事な著作なので、再度論じます。

|

« 同輩たち(equals)の統治 | トップページ | 天下を保つ匹夫(顧炎武) »

国制史」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

書評・紹介」カテゴリの記事

法哲学・法理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/5562999

この記事へのトラックバック一覧です: 勝俣鎮夫『一揆』:

« 同輩たち(equals)の統治 | トップページ | 天下を保つ匹夫(顧炎武) »