« 煮られトマス | トップページ | 運動会 »

2005年10月15日 (土)

近世の村は、週五日制?

 近世の日本の村では、地域によっては、平均すると4,5日に一回は休日があった。

増加の第一次的形態は、定例遊び日の増加で、十八世紀のとくに後半から顕在化し、十九世紀に著増する。日数や半日遊び日のとりようなどの地域差は大きいが、年間三、四十日台から、ところによっては五、六十日台以上、最大八十日までにも増加した。
 古川貞雄『村の遊び日』平凡社 1986 p.270

 時代劇にでてくるような、水呑百姓とは異なるイメージだ。これを貧民史観をとするならば、大幅に修正される必要がある。

参照
古川貞雄『増補 村の遊び日―自治の源流を探る』 (人間選書)、農山漁村文化協会、2003.10

|

« 煮られトマス | トップページ | 運動会 »

徳川史」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

文化史」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

書評・紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/6404323

この記事へのトラックバック一覧です: 近世の村は、週五日制?:

« 煮られトマス | トップページ | 運動会 »