« 靖国神社問題を理解するために | トップページ | 徳川幕府の対外的な自称 »

2005年10月22日 (土)

財政を分析する装置=公会計(1)

 私企業の簿記と公会計の簿記は異なる。前者が複式簿記でフロー(損益計算書)とストック(貸借対照表)で、記帳されているのに、後者が、単式簿記で、本質的には現金出納帳、つまり家計簿レベル、だと言われることが多い。がしかし、明治憲法が発布されるまでは公会計も複式だったようだ。↓

公会計と複式簿記
http://www.pa-ro.jp/monitoring/fukushiki-boki.html

 じつは、財務省官僚もこの公会計の原理的欠陥のために、財政の実態を把握できていない危惧がある。特に財投があるためだ。

 現在、彼らがタコ足配当のようなことをして平然としているのも、上記の問題があるからかもしれない。つまり、危機の深刻さを計測する装置に欠陥があるわけだ。

 それなら、この俺が新しい財政の計測装置を作ってやろう、という人間も出てはいる。↓

『公会計革命』 桜内 文城
http://www.bk1.co.jp/product/2489735

 ただ、その原理論が、一般均衡論だという。う~ん。それじゃぁ、ガラパゴス理論じゃん、というのが率直な印象。ま、印象批判だが。

|

« 靖国神社問題を理解するために | トップページ | 徳川幕府の対外的な自称 »

日本」カテゴリの記事

明治」カテゴリの記事

書評・紹介」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/6509997

この記事へのトラックバック一覧です: 財政を分析する装置=公会計(1):

» 過去の債務をチャラにする。 [日本独立共和党]
 795兆円とも言われる国の借金を増税で解消できないのは、以前説明したとおりであり、国民の大部分も常識的に考えれば理解でき、財務官僚もこれを否定することはできない。 そもそも40兆円足らずの税収をどう増税したところで、795兆円もの借金の返済は実現できない。しかし、このままでは日本はいずれ長期停滞に追い込まれる。  21世紀においても日本が一流国でありつづけようとすれば、その方法は国の借金を踏み倒す以外にはない。具体的には国債の�... [続きを読む]

受信: 2005年10月22日 (土) 11時00分

» 改革ファシズムを止めるブロガー同盟 [タカマサのきまぐれ時評]
■いわゆる「ブロガー」のなかでは、超有名人らしいthessalonike2さんが、『世に倦む日々』のなかで10月上旬から、小泉政権をウェブログ運営者が相互リンクする運動を展開している〔「STOP THE KOIZUMI-改革ファシズムを止めるブロガー同盟〕2005/10/04」 。■「右」であ...... [続きを読む]

受信: 2005年11月13日 (日) 10時15分

« 靖国神社問題を理解するために | トップページ | 徳川幕府の対外的な自称 »