« 人間性、この曲がった木、の出所(2) | トップページ | 国民(?)にしか認められない基本的人権(2) »

2005年11月14日 (月)

国民(?)にしか認められない基本的人権

 今、一人の外国人青年が、犯罪を犯したわけでもないのに、官憲に拘束される危険に晒されている。ご関心のある方は、下記↓を一瞥して戴きたい。

Alijane Project Homepage
http://www.alijane.org/index.html

 こういった、日本にいる日本国籍を有しない人々に対する人権侵害の根本に、現状の日本国憲法の欠陥があると思う。

 例えば、以下の条文などどうだろう。

第十条【日本国民の要件】
     日本国民たる要件は、法律でこれを定める。

第十一条【基本的人権の享有と性質】
国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

第十四条【法の下の平等、貴族制度の否認、栄典の限界】
1すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

 外国人なら、「基本的人権の享有を妨げられ」ても、よいのか。「この憲法」は、日本国民以外の人間に、「基本的人権」を「保障」しないのか。そんな馬鹿なことがあるのだろうか。

 ちななみに、日本国憲法上に現れた《ひと》に関連する言葉の回数を数えると以下のようとなった。

 人間1回
 人類2回
 外国人0回
 何人19回
 国民41回

 こういう、事実を冷静に凝視したうえで、この憲法をそのまま維持すべきなのか、良い方向へ変えるべきなのか、を問いたい。

注)ちなみに、日本国憲法条文を参照するのに便利なのは、国立国会図書館(NDL)の以下のサイトである。
http://www.ndl.go.jp/constitution/etc/j01.html

|

« 人間性、この曲がった木、の出所(2) | トップページ | 国民(?)にしか認められない基本的人権(2) »

憲法」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

コメント

こんばんわrenqingさん
renqingさんに頂いたTBをネタにちょっと考えてみました。

投稿: miyau | 2005年11月14日 (月) 22時35分

TBありがとうございました。深く考えたことはなかったがフランスなどヨーロッパのできごとなどを見ると、難しい問題ですね。

投稿: ましま | 2005年11月14日 (月) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/7097754

この記事へのトラックバック一覧です: 国民(?)にしか認められない基本的人権:

» 日本国憲法の柔軟性-外国人の人権 [そぞろ日記]
外国人は日本国憲法のもとで人権を認められるのか(人権享有主体性) renqins [続きを読む]

受信: 2005年11月14日 (月) 22時32分

« 人間性、この曲がった木、の出所(2) | トップページ | 国民(?)にしか認められない基本的人権(2) »