« 第一次世界大戦の衝撃 | トップページ | 「ハンセン病療養所における胎児等標本に関する要望書」に賛同のお願い »

2005年12月26日 (月)

Ecole normale superieure

 仏文学者、河盛好蔵がフランス留学中、友人のエコール・ノルマルの学生を下宿に呼んだら、下宿の娘がそれを聞いて朝から「ノルマリアンが来る! ノルマリアンが来る!」と大騒ぎしていたそうな。さすがは、エコール・ノルマル・シュペリゥール。

 戦前日本の高等師範学校のイメージ(夏目漱石『坊っちゃん』風*)で考えちゃぁダメですね。

最敬礼m(_ _)m。**

河盛好蔵
フランス語盛衰記 - 私の履歴書 -
日本経済新聞社
1991.8(品切れです。図書館でどうぞ。)
4-532-16026-X

* 無論、イメージ。登場人物の「坊っちゃん」は東京物理学校出身。
** 他blog投稿の自分のコメントを使いました。すみません。ちょっと、疲れてネタを考えるパワーが欠乏しているので。

|

« 第一次世界大戦の衝撃 | トップページ | 「ハンセン病療養所における胎児等標本に関する要望書」に賛同のお願い »

夏目漱石」カテゴリの記事

文化史」カテゴリの記事

西洋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/7830342

この記事へのトラックバック一覧です: Ecole normale superieure:

« 第一次世界大戦の衝撃 | トップページ | 「ハンセン病療養所における胎児等標本に関する要望書」に賛同のお願い »