« 私が好きなのは《竹内まりや》だ (^-^; | トップページ | キャサリン・マンスフィールド「パーカーおばあさんの人生」 »

2005年12月18日 (日)

ある作文

 下記のサイト(かわうそ亭さん)に、小学校4年生の男の子の作文が掲載されています。

ぼくの妹

 ハンディキャップを持つ2歳年下の妹を思う男の子のいじらしさが、深く心を打ちます。是非、お読みください。そして、他の方々へ伝えて戴ければと思います。

 法務省(Ministry of Justice)が毎年義務的に催す、人権作文なんぞより何百倍も、人権について考えさせる作文で、人権は単なるお題目ではなく、人間の ‘vulnerability*(傷つきやすさ) ’について、深く静かに考えることに尽きる、ということを如実に示しています。

*参照
1)ヴァルネラビリティ日記はこれから書かれるところです。

2)H.L.A.ハートの「自然法の最小限の内容」(-_-;私の記事)

|

« 私が好きなのは《竹内まりや》だ (^-^; | トップページ | キャサリン・マンスフィールド「パーカーおばあさんの人生」 »

日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/7675342

この記事へのトラックバック一覧です: ある作文:

« 私が好きなのは《竹内まりや》だ (^-^; | トップページ | キャサリン・マンスフィールド「パーカーおばあさんの人生」 »