« 米国が日米安保条約を破棄する日 | トップページ | 信条倫理と交渉カード(あるいは、下種の勘ぐり) »

2006年1月 6日 (金)

《日英同盟廃棄》の道を行く「日米安保条約」

日英同盟廃棄の歴史的過程と、現在の過程はそっくり。

1.英vs.露の緊張化→極東における英国の代理人としての日本→日英同盟の成立
  ↓
2.第一次大戦による国際関係の激変→中国を巡る日露の接近、英米の緊密化
  ↓
3.日英同盟の英側メリットの極小化→日英同盟破棄

 2の部分が、冷戦終結と軌を一にします。とすれば、3が出てくるっていう寸法です。

|

« 米国が日米安保条約を破棄する日 | トップページ | 信条倫理と交渉カード(あるいは、下種の勘ぐり) »

憲法」カテゴリの記事

戦争」カテゴリの記事

日米安保」カテゴリの記事

明治」カテゴリの記事

昭和」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

近現代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/7991366

この記事へのトラックバック一覧です: 《日英同盟廃棄》の道を行く「日米安保条約」:

« 米国が日米安保条約を破棄する日 | トップページ | 信条倫理と交渉カード(あるいは、下種の勘ぐり) »