« 「夜明け前」の星竹 (幕末明治50年間の日記が語るもの) | トップページ | 江戸時代の「ロミオとジュリエット」(1) »

2006年1月12日 (木)

南佳孝はかっこいい(2)

 早速、続きを。南佳孝はコンセプトを明確にしたアルバムもあります。彼は映画好き。監督もやりたい(やった?)らしい。ということで、お気に入りの映画をテーマにしたオムニバス・アルバムが下記。お奨めは、「避暑地の出来事」。よかった頃のハリウッドの、甘く、そして痛い、青春ドラマの空気が横溢しています。CDは廃盤ですが、ネットから、曲ごとに購入できます。

LAST PICTURE SHOW
トラック
1     ダイナー
2     ミーン・ストリート
3     ジョンとメリー
4     ラスト・ショー
5     突然、炎のごとく
6     大人は判ってくれない
7     フラミンゴ・キッド
8     理由なき反抗
9     水の中のナイフ
10     シュガーランド・エキスプレス
11     華麗なるギャツビー
12     スケアクロウ
13     避暑地の出来事
アルバム情報
発売元:ソニーレコード  /  発売日: 1986年2月26日  /  盤種: CDアルバム  /  レコードNo: 32DH-352  /  廃盤

|

« 「夜明け前」の星竹 (幕末明治50年間の日記が語るもの) | トップページ | 江戸時代の「ロミオとジュリエット」(1) »

pops」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/8109546

この記事へのトラックバック一覧です: 南佳孝はかっこいい(2):

« 「夜明け前」の星竹 (幕末明治50年間の日記が語るもの) | トップページ | 江戸時代の「ロミオとジュリエット」(1) »