« 18世紀の「社会主義者」(1) | トップページ | 18世紀の「社会主義者」(2) »

2006年1月19日 (木)

小さな発見

 あまり関係がなさそうな二つの本に、共通する人の名前がありました。本読みにとっての大事な楽しみの一つです。大げさでなく、醍醐味、です。

マイケル・イグナティエフ『アイザイア・バーリン』石塚 雅彦 (翻訳), 藤田 雄二 (翻訳)、みすず書房(2004年)

藤田 雄二『アジアにおける文明の対抗―攘夷論と守旧論に関する日本、朝鮮、中国の比較研究』御茶の水書房 (2001年)

 後者は地味な本ですが、日本では珍しく知的に痛快な本。これを論評するには中途半端では難しい。腹くくったときに書きます。

|

« 18世紀の「社会主義者」(1) | トップページ | 18世紀の「社会主義者」(2) »

Isaiah Berlin」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

思想史」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

書評・紹介」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

東アジア」カテゴリの記事

西洋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/8217285

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな発見:

« 18世紀の「社会主義者」(1) | トップページ | 18世紀の「社会主義者」(2) »