« 天下の悪法、「電気用品安全法」に反対する | トップページ | 中高生が考えた新事業 発表会 »

2006年2月26日 (日)

ご迷惑(2)

 証券取引法違反(容疑)をしても「ご迷惑」と大新聞社社長が記者会見で頭を下げる。その一方で、イラクにボランティアに行って人質になってしまった人たち(の家族)も「迷惑」をかけたといって「世間」に頭を下げさせられた。

 いったい、この二つを同列に論じられるのか。前者は違法行為、犯罪であるり、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金(又は併科)だ。ましてや、経済専門紙の日経だろう。そのやったことの重み、社会的影響力は計り知れない。後者は、違法行為でさえない。外務省は彼らに旅券を交付し、彼を日本国民として保護する義務を有するのだ。

 「ご迷惑」。 この言葉が公けの場で使われるとき、そこに坐るものが、社会的強者なら、その犯した違法行為、犯罪、をごまかそうとしている可能性が高く、社会的弱者なら、違法行為でもないことをあたかも罪であるかのように、言わされている可能性が高い。

 「迷惑」と声高にいいたがる人物には気をつけたほうがよい。極めて政治性の強い言葉である。

|

« 天下の悪法、「電気用品安全法」に反対する | トップページ | 中高生が考えた新事業 発表会 »

政治」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

トリノ冬季五輪日本選手団の遅塚研一団長は、いったい何の罪をおかしたのでしょうかねぇ。メダルが取れない集中砲火を浴びる前に、一発、謝っておいて、何とかほとぼりの冷めるまで、我慢しよう、といった魂胆なんでしょう。さもしい話です。

投稿: renqing | 2006年3月 1日 (水) 06時26分

【トリノ来住哲司】トリノ冬季五輪日本選手団の遅塚研一団長(日本オリンピック委員会常務理事)と亀岡寛治総監督(日本スケート連盟理事)が26日、当地で総括会見を行った。「メダル5個」を目標に掲げながら、フィギュアスケート女子の荒川静香(プリンスホテル)の金メダル一つに終わったことに対して、遅塚団長は「厳粛に受け止めなくてはならない。最低の結果といえる。日本の国民に謝罪を申し上げる」と話した。(毎日新聞)

・・・罪?「謝罪』とか「迷惑」といった言葉を軽々しく使うのも、モラルが腐るモトなんじゃないでしょうか。

投稿: 松本和志 | 2006年2月27日 (月) 06時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/8827341

この記事へのトラックバック一覧です: ご迷惑(2):

« 天下の悪法、「電気用品安全法」に反対する | トップページ | 中高生が考えた新事業 発表会 »