« 大人の分類 | トップページ | ご迷惑 »

2006年2月24日 (金)

大人の分類(2)

 名付けて、「大人マトリクス」、を作ってみた。

       |             善             |              悪
--------------------------------------------
       |                             |           姉歯
  賢  |     普通の大人        |    ホリエモン
       |                             |      etc.
       |                             |
--------------------------------------------
       |                             |
  愚  |      危険な大人       |   付ける薬なし
       |                             |
       |                             |

 ここで、悪、とは、善悪の分別ができるのに、あえて悪を選ぶこと。そうでなければ善。
また、賢、とは、善悪の分別が自分でできるか、少なくとも、他人の意見を参考にしたり、調べたりしたうえで、自分で善悪の分別をつけ、その結果に責任を負えること。だから、善悪の区別が付けられないとか、ことの善し悪しを、自分でよく考えたり、調べたりしないで、簡単に他人の意見に流されて決め付けてしまう者が「愚かもの」と言う。

 まともな大人、つまり、普通の大人は、賢善ディメンションにいるはずだ。何も難しいことではない。こういう大人が多ければ、まともな社会といえる。

 愚善ディメンションは危険だ。付和雷同社会で、簡単にマスコミや政治家の口舌にうかうかと乗ってしまう。しっかりした大人になるための教育が意図的にサボタージュされているとこういう社会になってしまう。

 賢悪ディメンションは、いわずと知れた、姉歯のような連中。悪いこと分かっていて、やっている。

 愚悪ディメンションは、社会の中で元来、確率的には多くないはず。そんなのが多数者だったら、その社会はつぶれているか、地上から消し去ったほうがよい。

|

« 大人の分類 | トップページ | ご迷惑 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/8799538

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の分類(2):

» 善悪と賢愚の2×2分類 1 [タカマサのきまぐれ時評]
■秀逸なエッセイ群を量産する renqing 氏、某数学者の無責任な放言をきっかけに、まともなエリート論を展開するための整理作業をはじめた。■「大人の分類(2)」には、「大人マトリクス」という分類表が、それ。 ■オトナを、「善悪」と「賢愚」の2×2で、4分類し...... [続きを読む]

受信: 2006年2月27日 (月) 08時35分

» 善悪と賢愚の2×2分類 2 [タカマサのきまぐれ時評]
■前便の続編。■前回は、「賢悪ディメンション」で説明できる現象は、意外にすくなそうな気がする」と、のべておいたが、その補足をする。 [続きを読む]

受信: 2006年2月27日 (月) 09時01分

« 大人の分類 | トップページ | ご迷惑 »