« 羽入辰郎 『マックス・ヴェーバーの犯罪』 ミネルヴァ書房 2002(1) | トップページ | ホッブズと自然法 »

2006年3月13日 (月)

羽入辰郎 『マックス・ヴェーバーの犯罪』 ミネルヴァ書房 2002(2)

 実は、私は標題の著書をまだ読んでいない。ただし、下記は8年前に読んでいる。

羽入辰郎「マックス・ヴェーバーの『魔術』からの解放─『倫理』論文における"Beruf"-概念をめぐる資料操作について」
『思想』 1998年 885号 72-111

 で、この件については、その数ヵ月後、沢崎堅造氏の仕事に気がついたので、岩波書店の『思想』編集部に手紙を送って指摘をした。しかし、当然というか、なしの礫だった。8年経過した今もないので、きっと破棄されたのだろう。

 羽入氏の著書の《事件》性について、下記にちょっとした回顧談があるので、ウェーバー業界における波風についてはそちらを参照されたい。

矢野善郎「『プロ倫』は、再び『旬』か、それとも『賞味期限』か」
創文社刊 『創文』 2005.11  NO.481

 この事件(=羽入氏の著書)を全体として公平に判断するとしたらどうなるか。いまのところ、私の感触としては、下記の梅津順一氏の評言*が妥当なところではないかと考える。

「羽入氏の研究は,ヴェーバー批判という枠組みから離れて,『聖書翻訳と職業義務の思想の成立』という主題で纏められるのであれば,大きな学問的寄与となるであろう。」

*羽入辰郎教授のマックス・ヴェーバー告発について

|

« 羽入辰郎 『マックス・ヴェーバーの犯罪』 ミネルヴァ書房 2002(1) | トップページ | ホッブズと自然法 »

Max Weber」カテゴリの記事

書評・紹介」カテゴリの記事

羽入辰郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/9063889

この記事へのトラックバック一覧です: 羽入辰郎 『マックス・ヴェーバーの犯罪』 ミネルヴァ書房 2002(2):

« 羽入辰郎 『マックス・ヴェーバーの犯罪』 ミネルヴァ書房 2002(1) | トップページ | ホッブズと自然法 »