« ‘痛い’話(3) | トップページ | Stephen Toulmin “Cosmopolis: The Hidden Agenda of Modernity ”(1992) »

2006年3月29日 (水)

井手麻理子の歌う「Hello,my friend」

 ユーミンのカバーアルバムを探しながら、レンタルショップをうろうろしていて手にしたのが、下記。

Dear Yuming~荒井由実/松任谷由実カバー・コレクション~(1999年)
SRCL-4649

曲目リスト
1.COBALT HOUR(NOKKO)
2.あの日に帰りたい(森高千里)
3.静かなまぼろし(m-flo)
4.情熱に届かない~Don’t Let Me Go(松崎ナオ)
5.DOWNTOWN BOY(露崎春女)
6.スラバヤ通りの妹へ(大江千里)
7.Hello,my friend(井手麻理子)
8.翳りゆく部屋(椎名林檎)
9.恋人がサンタクロース(奥居香)
10.A HAPPY NEW YEAR(ゴスペラーズ)

 で、私としては、歌い手としてのユーミンはあまり感心しない。蝦蟇(がま)蛙が自動車にひかれてしまったような声は、少なくとも私の趣味ではない。

 ただ、そのポップス作家としての才能は傑出していると思う。だから、よい歌い手のカバーをたくさん聞きたいわけ。ハイファイセットの歌うユーミン・シリーズもよいが、このトリビュート・アルバムもなかなかの出来。それぞれの歌い手に合わせて、面白い編曲を施していて意欲的。

 なかでも気に入ったのが、井手麻理子の歌う「Hello,my friend」。季節がめぐると、別れた相手を思い出し、グッときてしまう。その切なさが、かすれ気味のしっかりした声にはまってる。必聴。

※nifty側の不手際で、昨晩中まったく管理画面にアクセスできませんでした。ということで、ミッドナイト配信にアクセスして戴いた方々ごめんなさい。

|

« ‘痛い’話(3) | トップページ | Stephen Toulmin “Cosmopolis: The Hidden Agenda of Modernity ”(1992) »

pops」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/9312796

この記事へのトラックバック一覧です: 井手麻理子の歌う「Hello,my friend」:

« ‘痛い’話(3) | トップページ | Stephen Toulmin “Cosmopolis: The Hidden Agenda of Modernity ”(1992) »