« ウィルス virus の面構え(訂正版) | トップページ | 坂本多加雄『日本は自らの来歴を語りうるか』筑摩書房 1994年 »

2006年3月 9日 (木)

最近、調子が悪い訳

 情けないタイトルになってしまった。

 つらつらと考えるに、やはりこれは、例の天才バカ本をまじめにレビューしたせいなのではないかと合点がいくエピソードを思い出した。

 岩波書店に、『日本思想大系』なる資料集がある。その、第31巻に収められているのが、 「山崎闇斎学派」 。その解題に、丸山真男が、「闇斎学と闇斎学派 」という論文を寄せている。丸山は、昔から闇斎が嫌いだったらしいのだが、論文執筆の必要から、基本的に読み直して、論文を仕上げた。しかし、嫌いなものを読むというのがストレスになって、その後しばらく体を壊した、というのだ。

 うーん、事はそうとうミニ・スケールだが、ま、似たようなものかなぁ、っと思った次第。(^^; それにしても、埋め草記事になってしまった。

|

« ウィルス virus の面構え(訂正版) | トップページ | 坂本多加雄『日本は自らの来歴を語りうるか』筑摩書房 1994年 »

徳川史」カテゴリの記事

思想史」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書評・紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/8999927

この記事へのトラックバック一覧です: 最近、調子が悪い訳:

« ウィルス virus の面構え(訂正版) | トップページ | 坂本多加雄『日本は自らの来歴を語りうるか』筑摩書房 1994年 »