« ‘痛い’話 | トップページ | 親のスネ »

2006年3月24日 (金)

アンデルセン生誕200年

 昨年は、アンデルセン生誕200年だった。 小学校の頃、『人魚姫』を読み、その残酷な結末に何度も涙した。今でも生々しい記憶だ。

 19世紀は、《近代》における様々な装置が、はっきりと姿を現した世紀だろう。学校(義務教育)、国民軍(徴兵制)、工場。

 実は、現今の《こども》像 は、このときに作られたものだ、と言うことは、充分考えられることだ。イタリアの国家統一と同時に登場したのが、『ピノキオの冒険 Le avventure di Pinocchio』(1883)と、「母をたずねて三千里」を含む、『クオーレ Cuore』(1886)であったことは象徴的だ。

|

« ‘痛い’話 | トップページ | 親のスネ »

文学」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

近現代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/9222075

この記事へのトラックバック一覧です: アンデルセン生誕200年:

» ■モビルスーツ文化論■ [日記はこれから書かれるところです。]
<ガンダム>が今ちょっとした市場を形成しているという。30代になった当時の子供たちが、可処分所得を、車でもなく異性でもなく家族でもなく(あるいは、それらに加えて)、ガンダムグッズに投下しているからに他ならない。逆に言えば、それだけ<ガンダム>が与えた影響...... [続きを読む]

受信: 2006年3月24日 (金) 03時08分

« ‘痛い’話 | トップページ | 親のスネ »