« 石川淳『文学大概』中公文庫(昭和51年) | トップページ | R. G. Collingwood, "An Autobiography" »

2006年4月16日 (日)

石川淳『文学大概』中公文庫(昭和51年)(2)

 なお、先の文庫は品切れ中。ただし、書中の「江戸人の発想法について」は、下記で手軽に読むことが出来る。

ちくま日本文学全集 (011)
石川 淳 (著)
筑摩書房 ; ISBN: 4480102116 ; 011 巻 (1991/07)

 ついでに。上書中の、「八幡縁起」は、不思議な作品だった。弥生人(渡来系→大和朝廷)が列島先住民である縄文人(隼人?、山人?)を征服して、古代国 家を成立させる過程を題材にしているようなのだが、未だに作者の意図がよくわからん。岩波文庫に収録されている「至福千年」も同様。ただし、面白くないわ けではない。面白い。念のため。

〔参照〕石川淳『文学大概』中公文庫(昭和51年)

|

« 石川淳『文学大概』中公文庫(昭和51年) | トップページ | R. G. Collingwood, "An Autobiography" »

徳川史」カテゴリの記事

思想史」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

書評・紹介」カテゴリの記事

石川淳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/9603032

この記事へのトラックバック一覧です: 石川淳『文学大概』中公文庫(昭和51年)(2):

« 石川淳『文学大概』中公文庫(昭和51年) | トップページ | R. G. Collingwood, "An Autobiography" »