« 明治憲法の論理構造 | トップページ | ユダは裏切り者ではなかった? »

2006年4月19日 (水)

マクルーハンとヴィトゲンシュタイン

 ということで、埋め草記事の隙間を埋める記事。

標題のテーマで書きたいと思い、とりあえず、お勉強で下記を読んでみようかと思案中。

ウィトゲンシュタイン・セレクション
(平凡社ライブラリー)
黒田亘*=編
黒田亘=訳
2000年

*黒田亘については、いつか触れたいと思っている。

|

« 明治憲法の論理構造 | トップページ | ユダは裏切り者ではなかった? »

思想史」カテゴリの記事

書評・紹介」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/9650872

この記事へのトラックバック一覧です: マクルーハンとヴィトゲンシュタイン:

« 明治憲法の論理構造 | トップページ | ユダは裏切り者ではなかった? »