« 近代日本の知識人について(2) | トップページ | 拝啓、内閣総理大臣「ケツの穴」殿 »

2006年6月 5日 (月)

バーリン「二つの自由概念」をめぐって

I.バーリン「二つの自由概念」1958年
(Isaiah Berlin, Two concepts of liberty, 1958)

を久しぶりに読み直して、あれこれ書いてみようと思っているのだが、少々余裕がない。それに、改めて読むと、このエッセイに〝冷戦〟という刻印がくっきりとあり、その状況も入れないと、2006年にこれを論ずるのはあまりフェアとは言えない気がしている。来週、再挑戦することをお許し願いたい。

|

« 近代日本の知識人について(2) | トップページ | 拝啓、内閣総理大臣「ケツの穴」殿 »

Isaiah Berlin」カテゴリの記事

思想史」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

書評・紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/10397491

この記事へのトラックバック一覧です: バーリン「二つの自由概念」をめぐって:

« 近代日本の知識人について(2) | トップページ | 拝啓、内閣総理大臣「ケツの穴」殿 »