« 別に惜しくない「中田引退」(2) | トップページ | デモクラシーとは »

2006年7月17日 (月)

ネオコン(neoconservatism)の思想的起源

 この標題に関して、興味深いエッセイが下記に掲載されている。

「創文」 2006.06 No.487 創文社刊

橋本努「二十一世紀の政治思想 - ヒンメルファーブとシュトラウス -」 p.1-5

 橋本が特筆する思想家は、ヒンメルファーブ、シュトラウス、そしてH.アーレント、だ。この三者は、直接の交流はなくても、すべて、戦間期から1950年代にかけての、ニューヨークのニュー・カレッジで交錯する。

 これに付け加えるなら、一群の若きトロッキストたち、だろう。

 若きトロッキストたちのネオコンへの変貌。これは、日本での、「あたらしい教科書を作る会」系の人々が元左翼だった事実と暗合するし、昭和前期日本の革命家たちが、自然に国家主義者へ横滑りすることも想起させる。ただ、そこに行く前に、もう少し、ネオコンを見てみなければならないだろう。それは次回以降に。

|

« 別に惜しくない「中田引退」(2) | トップページ | デモクラシーとは »

ネオコン(Neocon)」カテゴリの記事

思想史」カテゴリの記事

米国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/10973410

この記事へのトラックバック一覧です: ネオコン(neoconservatism)の思想的起源:

« 別に惜しくない「中田引退」(2) | トップページ | デモクラシーとは »