« 思い出したことども(2) | トップページ | トイレで歌え、君が代 »

2006年11月 6日 (月)

I Only Want To Be With You

 ボストンの、とある法律事務所と、その事務所を通じて法・裁判と関わる人々の人間模様を、主人公の恋愛ドジぶりを絡めて描いたコメディドラマ、「アリー・My・ラブ」(原題 'Ally McBeal')。そこに、劇中歌としてオールディーズが Vonda Shepard  によって歌われる。その中の、お気に入り1曲が下記だ。

Vonda Shepard - I only Wanna Be With You - YouTube

I Only Want To Be With You
(Ivor Raymonde / Mike Hawker)

I don't know what it is that makes me love you so
I only know I never want to let you go
'Cause you've started something
Oh, can't you see?
That ever since we met
You've had a hold on me
It happens to be true
I only want to be with you

It doesn't matter where you go or what you do
I want to spend each moment of the day with you
Oh, look what has happened with just one kiss
I never knew that I could be in love like this
It's crazy but it's true
I only want to be with you

You stopped and smiled at me
And asked if I'd care to dance
I fell into your open arms
And I didn't stand a chance
Now listen honey
I just want to be beside you everywhere
As long as we're together, honey, I don't care
'Cause you've started something
Oh, can't you see?
That ever since we met
You've had a hold on me
No matter what you do
I only want to be with you

Oh, oh, you stopped and you smiled at me
And asked if I'd care to dance
I fell into your open arms
And I didn't stand a chance
Now hear me tell you
I just want to be beside you everywhere
As long as we're together, honey, I don't care
'Cause you've started something
Oh, can't you see?
That ever since we met
You've had a hold on me
No matter what you do
I only want to be with you
I said no matter, no matter what you do
I only want to be with you

 私が知っていたこの曲は、かつて BAY CITY ROLLERS という、アイドル少年バンドが歌っていて、単にガチャガチャしていただけの印象だった(BCRファンの方、ごめんなさい、彼らにはそれ以上の価値がありま す)。しかし、Vonda Shepard がピアノの弾き語りでしっとりバラードで歌うと、これが切々と胸にくるんですなぁ。そのストレートで素直な歌詞が。

I only wanna be with you-Bay City Rollers - YouTube

 で、BAY CITY ROLLERS のオリジナルと思っていたら違っていて、もともと、 Dusty Springfield っていうスコットランド出身の女性歌手が歌っていたのね。どうりで、タータンチェックのBCRがカバーしていた訳だ。

 そんでもって、ネットで調べていたら、BBCのサイト*で本人の歌のさわりが聞けた。声が意外に野太くていい声なので、ありゃ?と思ったら、後に有名なの白人ソウル歌手になっていた。それなら納得。
Dusty Springfield - "I Only Want To Be With You" in colour - YouTube

さらに驚いたとともに嬉しいことに、〈あの〉Annie Lennox が、The Eurythmics の前身ともいうべき The Tourists 時代に歌っていた。これも、同じサイトで聞ける。やはり音楽センスいいなぁ~。必聴(カッコよすぎるゾ!)。そして、Annie Lennox もご明察の通り、スコットランド出身。また今回初めて知ったが、彼女はロイヤルアカデミー出身のフルーティストでもあった。あの知的で、メタリックな反骨 ぶりは、スコッッティッシュ×クラシックの訓練、の賜なのだろうか?
The Tourist-I'm Only Want to be with you - YouTube

The Tourists - I Only Want To Be With You (1979) - YouTube



*"I Only Want To Be With You" Dusty Springfield

もう一つ、BBCに Dusty Springfield 関連のサイトを発見したので参考までに。
"Love the 1960s" Dusty Springfield

|

« 思い出したことども(2) | トップページ | トイレで歌え、君が代 »

pops」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

西洋」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/12573638

この記事へのトラックバック一覧です: I Only Want To Be With You:

» ダスティ・スプリングフィールドを何となくスルーしてたなぁ。。 [T_NAKAの阿房ブログ]
ここにリンクを貼ってあるrenqingさんの「本に溺れたい」で4年前にダスティ・スプリングフィールドについて触れている記事を見つけました。へー、、こんな曲歌っていたんだ。。と少し驚きましたが、そういえば彼女のことをあまり意識していないことに気が付きました。... [続きを読む]

受信: 2010年6月 4日 (金) 23時05分

« 思い出したことども(2) | トップページ | トイレで歌え、君が代 »