« デカルトにおける「劣情」とはなにか? | トップページ | 受動態は、主体を消す »

2006年11月18日 (土)

政治的な対立は、「なに」を実現するかということにとどまらず、まさしく、「だれ」が実現するかをめぐって生じるものだ

表題は、

坂本多加雄『明治国家の建設 1871~1890』〈日本の近代 2〉、中央公論社1999年
p.25 

より。

読了後、感想を掲載する予定。

|

« デカルトにおける「劣情」とはなにか? | トップページ | 受動態は、主体を消す »

憲法」カテゴリの記事

思想史(history of ideas)」カテゴリの記事

禁裏/朝廷/天皇」カテゴリの記事

幕末・明治維新」カテゴリの記事

坂本多加雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治的な対立は、「なに」を実現するかということにとどまらず、まさしく、「だれ」が実現するかをめぐって生じるものだ:

« デカルトにおける「劣情」とはなにか? | トップページ | 受動態は、主体を消す »