« 明治の立身出世主義の起源について(2) | トップページ | 「こころ」は、heart か、mind か?(2) »

2006年12月 2日 (土)

「こころ」は、heart か、mind か?(道草篇)

「裸像の肉体は、いわば完全な肉体である。ギリシア語では肉体と人間とは、同じ単語で表現されていた。このような人間像は、ローマ人あるいはエトルリア人のような他民族の人間像ときわだった対照をなしている。ローマ人やエトルリア人にとっては、頭が人間の主要部であった。またラテン語では、頭という単語が、そのまま「人間」を意味することができた。われわれドイツ人もこのような人間観をうけ継いでおり、このことは、たとえばドイツ語に「(人)頭税」という単語があることからも理解できる。もっともギリシア人も、ある程度頭を他の部分よりも重要視していた故、ギリシア語においても感情に訴える演説では、「頭」あるいは「眼」でもって人間をいいあらわすことができた。しかしギリシア人には、頭以外に胴体や四肢も、高度に個人的なものを示すものであり、胸が、感情や思考の座であった。だがその後プラトンは、このような人間観に反対し、天国に向かって「アクロポリス」のように聳えている頭を、知力の座と記している。このプラトンの見解とともに人間像の新時代が始まった。そしてその後600年を経て、プロティノスは、この新時代の結語として、宇宙の如何なる生物においても、頭と顔は、下の部分つまり胴体や四肢より美しいと述べている。」p.20-21

リヒアルト・ハルダー『ギリシアの文化』北斗出版(1985)

**下記も参照。
「こころ」は、heart か、mind か?
「こころ」は、heart か、mind か?(2)

|

« 明治の立身出世主義の起源について(2) | トップページ | 「こころ」は、heart か、mind か?(2) »

思想史」カテゴリの記事

書評・紹介」カテゴリの記事

西洋」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/12900214

この記事へのトラックバック一覧です: 「こころ」は、heart か、mind か?(道草篇):

« 明治の立身出世主義の起源について(2) | トップページ | 「こころ」は、heart か、mind か?(2) »