« 未来を予言する最良の方法は、未来を作ってしまうことだ | トップページ | 治者であるがゆえに正しいわけでなく、被治者であるがゆえに正しくないわけではない(1) »

2006年12月20日 (水)

甘酒売りは夏歩く

 ここで言う甘酒は、実は酒ではない。飯と米こうじだけで作る発酵飲料のことである。こうしてできた甘酒は、でんぷんが酵素により分解され、ブドウ糖が生成され、必須アミノ酸も含まれる、体力回復ドリンクなわけである。成分的には、現代の病院で使用される点滴とほぼ同じ。

 近世、最初のころは、冬のものだったようだが、その後一年中売られるようになり、そうしてくると、夏バテにも効き目があることが経験的に知られ、「甘酒」が夏の季語にもなる。

 ノロ・ウィルスも流行るご時世。「どうも、ヤバイ。」と感じたら、(酒を含まない)甘酒を召し上がるのも、健康維持法かと愚考致す次第。

参照
1)甘酒と健康(かねこみそ株式会社)

2)長崎大学附属図書館 幕末・明治期日本古写真メタデータ・データベースより
甘酒売り(1)
甘酒売り(2)
甘酒売り(3)
甘酒売り(4)

|

« 未来を予言する最良の方法は、未来を作ってしまうことだ | トップページ | 治者であるがゆえに正しいわけでなく、被治者であるがゆえに正しくないわけではない(1) »

幕末・明治維新」カテゴリの記事

文化史」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/13132910

この記事へのトラックバック一覧です: 甘酒売りは夏歩く:

« 未来を予言する最良の方法は、未来を作ってしまうことだ | トップページ | 治者であるがゆえに正しいわけでなく、被治者であるがゆえに正しくないわけではない(1) »