« 《文章密度反比例の法則》 | トップページ | 古池から蛙(かわず)がいなくなる日 »

2007年1月12日 (金)

モーツァルト vs. 美空ひばり(2)

 つらつらと考えるに、モーツァルトと美空ひばりには共通点がある。

 それは、モーツァルトなら父レオポルトが、美空ひばりなら母喜美枝が、己の子の天才を世に認めさせるため、ドサ回り、つまり地方巡業をさせた点だ。

 モーツァルトは6歳(1762年)から、なんと10歳(1766年)まで、ミュンヘン、ウィーン、ドイツ各地、ベルギー、パリ、ロンドン、オランダ、パリ、スイス、と、4年間も「巡業」に明け暮れていた。美空ひばりは、8歳(1945年)から、11歳(1948年)までの3年間、売り出すことを目的に、各劇団に所属し、その巡業に同行する。

 何のことはない、モーツァルトも美空ひばりも、ステージ・パパ & ママが本人たちにくっついて、各地で必死に売り込んでいるわけだ。ま、それは後年、実を結ぶことになるのだが。

〔註〕前回記事へのコメントで、かぐら川さんが重要な指摘をしてくれている。
>(日本の音楽界は、軍楽隊というメディアによって西洋音楽を吸収した時代の「しっぽ」が、この「通俗曲」という言葉に残っていることを忘れて、「精神性」に走ってはいけないと考えるのです。)
 これは、旧日本軍が、軍の外側世界の民間のことを「地方」と言い習わしていたことと相等だろう。日本の近代文化への「軍隊」からの刻印は意外に根深いといわねばならない。

〔註〕下記も参照されたし。
モーツァルト vs. 美空ひばり

|

« 《文章密度反比例の法則》 | トップページ | 古池から蛙(かわず)がいなくなる日 »

pops」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

美空ひばり」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

西洋」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

muji男さん、どうも。
 天才は、それにふさわしい努力をするようになっています。天から指名されるということはそういうことでしょう。天才も大変ですよね。

投稿: renqing | 2007年1月15日 (月) 02時09分

トラバありがとうございます。偉大な人たちは努力するのですね。勉強になりました。

投稿: muji男 | 2007年1月15日 (月) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/13447926

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト vs. 美空ひばり(2):

» 【裏】作曲の王道 スイングは強力。でも「省エネ」なジャズピアニスト。 [(裏)作曲の王道 ジャズ & ポップス・レビュー]
New! ●第21回-ジャズ カウント・ベイシー/カンザス・シティ・セヴン ~スイングは強力。でも「省エネ」なジャズピアニスト。~ [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 13時35分

» 馬場 俊英『今日も君が好き』【無印良品で快適生活@mujiブログ】 [無印良品で快適生活@mujiブログ]
1/14(日)の日本テレビ、Theサンデーで最近、私 muji男が注目している馬場俊英さんがテレビに出ていました。大晦日に同番組で生放送で「今日も君が好き」を弾き語りで披露。素晴らしい歌声に大きな反響があったとのことでした。わたしも大晦日に偶然、テレビを見て初...... [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 15時21分

» 美空ひばりの霊? [のこぶろぐ]
アグネス・チャンの後ろに美空ひばりさんによく似た顔が。。おもいッきり『生』電話だから生放送なんですよね、これ。。なにげにゲスト席に稲川淳二さんがいたりします(笑。心霊映像『少年の背後に・・』...... [続きを読む]

受信: 2007年4月26日 (木) 19時49分

« 《文章密度反比例の法則》 | トップページ | 古池から蛙(かわず)がいなくなる日 »