« モーツァルト vs. 美空ひばり | トップページ | エルビスの歌う、未練恋歌 »

2007年1月 8日 (月)

第85回全国高校サッカー選手権大会決勝

 第85回全国高校サッカー選手権大会、盛岡商(岩手)対作陽(岡山)の決勝戦。0対0で折り返した後半のみテレビ観戦。

 両校無得点の均衡が破れたのが、後半11分。

 作陽DF13桑元剛が右サイドからドリブルで盛岡商の中央に切れ込み、ペナルティーエリア手前、正面右にいる、負傷のため後半から投入された作陽FW9・エース村井匠へパス。この村井が3人のDFに囲まれながら、ジダンばりの足裏でボールを引くフェイントでDFの密集していない逆サイドの左へボールをコントロールし、ワンステップでよくボールの芯を振りぬき、強烈なシュートを放つ。これがクロスバーの当たり、跳ね返ったボールに、走り込んできた作陽DF13桑元がしっかり反応し、ヘディングで押し込み、ゴール。

 ゴール前での、作陽FW村井の落ち着いた個人技に感心。なかなかのものだ。Jリーグからも何チームか誘いがあったのも頷ける。しかし、関西学院大に進学が決まっているという。これには感心しない。いったい彼は大学に行ってなにがしたいのか。サラリーマンになりたいのだろうか。大学なんて、プロの道を断念してからだっていくらでもいける御時勢なのに。おおよそ周りの大人から、「大学ぐらい出ておけ。」程度の、何の定見もない助言を受けたのだろうと察しがつく。しかし、大学リーグのレベルにがっかりして、プロに行かないことを後悔するだろう、平山相太(国見高→筑波大→オランダ・ヘラクレス→FC東京)みたいに。フィジカルコンタクトが常に付きまとう、サッカー選手の寿命は、野球などのプロスポーツに比べて、平均的にかなり短い。自分の人生にとって、「今」何が最も大切なのか、自分の頭でよーく考えろよ、村井。大学進学後、「失敗したぁ。」と思ったら、バルセロナ(スペイン)のテストでも受けるんだね。己のあやまちに気づいて直すのに遅いということはないから。

 横道に逸れたが、村井にパスを出した後、しっかり状況を見て、ゴールに詰めていた桑元も素晴しい。フットボールは、ゴールというラスト・ピースを入れることでそのプロセス全てが意味を持つジグソー・パズルだ。ゴール前までどれほど美しく華麗にボールを運んでも、最後にゴールマウスに押し込めなければ、DFの一瞬の隙でボールをかっさらわれ、キーパーの脇にそっと流し込まれてしまえば、その試合は失われてしまうのだ。ゴール、ゴール、ゴール。それを意識した桑元は賞賛に値する。

 そして、後半26分。後半途中投入されたばかりのスピードのある盛岡商MF13大山徹が、ペナルティーエリア左サイドを鋭く抉り、フェイントで相手DFを振り切って、ゴールそばの左ライン際から低く折り返す。すると、ゴール正面で待っていた、先ほどPKを外した盛岡商レフティMF11林勇介が、一度ボレーシュートをミスりながらも、自分の前に転がり出てきたボールを諦めずに、しぶとくつま先で押し込む。これで、盛岡商が同点に追いつき、試合は振り出しに戻る。

 さらに、後半40分。盛岡商FW9成田大樹が左サイドをドリブル突破。左ゴールライン際に切り込んで、一瞬ボールを止め、作陽DFを置き去りにし、ゴール前にパス。ゴール前に詰めていた、盛岡商FW10東舘勇貴がスルーし、裏に走り込んだ盛岡商MF8千葉真太朗がドンピシャでゴール右に決める。これで盛岡商が逆転成功。

 ここで、感心するのは、成田の見せたテクニックと盛岡商FW10東舘勇貴が、自分の目の前に来たラスト・パスをスルーしたプレイ。自分の右後ろから、千葉が来るのを「感じ」、確信をもって落ち着いて、ゴール眼の前でスルーしていた。これには脱帽。高校生のレベルもここまで来たか、という印象。

 全体として、随所に「フットボールしているなぁ」という感想を持った。日本のユースのレベルは確実に、かつての「サッカー」から、世界共通の「フットボール」へ脱皮しつつあるのは間違いない。日本サッカー協会の指導者層からの育成事業が、うまく回りだしているのだろう。あとは、「ゴール」を奪う楽しさ、面白さ、醍醐味を真正面から肯定する空気を幼少期から醸成すれば、ゴール欠乏症候群は遠からず治癒されると思う。

|

« モーツァルト vs. 美空ひばり | トップページ | エルビスの歌う、未練恋歌 »

Football」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/13390356

この記事へのトラックバック一覧です: 第85回全国高校サッカー選手権大会決勝:

» 盛岡商が逆転勝ちで作陽を破り優勝!高校サッカー。 [サッカーニュース24]
【高校サッカー】関連ニュース ・盛岡商が逆転で初優勝 全国高校サッカー決勝 (スポーツナビ) サッカーの第85回全国高校選手権は8日、東京・国立競技場で約3万6... [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 20時33分

» リーガ・エスパニョーラ&高校サッカー [なんでも。]
スポーツ  やはり世界最高のリーグ  サッカーのスペイン1部リーグは7日、各地で7試合を行い、首位奪還を狙う昨季王者のバルセロナはヘタフェと1―1のドローに終わった。... [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 01時37分

» 高校サッカー盛岡商が初優勝 [スポーツ瓦版]
第85回の高校サッカー決勝が行われ盛岡商が初優勝した 作陽VS盛岡商は2対1で盛岡商が逆転で勝ち初優勝だが 前半は両チームがチャンスも作るもディフェンスが抑えて 後半は作陽が先制し盛岡商PK失敗し作陽が有利だったが 盛岡商が同点にし残り5分で逆転したけ....... [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 09時25分

» 盛岡商業が高校サッカー制覇〜地元じゃJは無い,そうだろ〜 [オレメデア]
第85回全国高校サッカー選手権大会が1月8日(月・祝)に,東京の国立競技場で行われ,2-1で,盛岡商業高校(岩手)が作陽高校(岡山)を下し,岩手県代表で初めての全国優勝を果たした 私は普段,こういったサッカーの試合はキックオフ前から見る. チャンネルを切り替えてすで...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 12時02分

» 高校サッカー決勝!盛岡商vs作陽 [O塚政晴と愉快な仲間達]
選手権は20年くらい前から観ていて、今まで一番好きだったのは帝京の松波(兄のほう。元ガンバ大阪)です。 毎年、選手達の技術や戦術などは飛躍的に向上してる。 幼い頃からW杯やJリーグを観て育った世代だからね。 それと同時に、全国の指導者のレベルも上がり、今大会のような岩手県や岡山県といった地域が決勝まで勝ち進んでいるんだと思います。 とても良い事です。 決して、市船や国見や帝京が弱い訳ではないと思います(監督が変わったりいろいろありますが)。 常連校が勝ち進... [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 18時23分

» 盛岡商業、高校サッカーは盛岡商業が初優勝! [今日の気になるニュース@総合]
逆転で初優勝を決めた盛岡商業イレブン。 第85回全国高校サッカー選手権は盛岡商業が初優勝を飾ったようです。詳しくは続きをどうぞ! [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 20時42分

» 盛岡商 × 作陽 #1 [みのる日記]
第85回 全国高校サッカー選手権大会 決勝: 盛岡商業高等学校 2-1 作陽高等学校 (2007/1/8) ■ 岩手の猛進力対岡山の組織力 今回でもう85回目ともなる高校サッカー選手権。天皇杯並の歴史と伝統を持ち、数多くの名勝負と名選手を生み出してきて、年始のサッカー大会としてはもうおなじみです。 年始の忙しさや録り溜めしていた欧州サッカーの観戦などで、今年はとうとう決勝戦しか観ませんでしたが、私も本当は�... [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 23時23分

» 高校サッカー決勝戦。 [yskのブログーb]
盛岡商業(岩手)2-1作陽(岡山) 盛岡商業が後半40分に逆転ゴールで初の全国制覇です。 岩手県勢でも初めての全国制覇!!! 代表者なし、J内定者なしの無名軍団が頂点に輝きました。 いやぁ今大会は波乱でした。 盛岡商業が優勝すると予想した人は相当凄いです。 優... [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 23時30分

» 盛岡商業初優勝おめでとう! [ハッピーライフ!!]
さっきまで、高校サッカーの決勝戦を見ていた私であります。 いやー今年の高校サッカーの決勝戦は盛り上がりましたぁー。 盛岡商業、初優勝おめでとうございます!! 隣県に住んでいる私にとってはうれしい限りであります。しかも、東北の高校が優勝したのはかなり久し振りみたいですし・・・・。 作陽高校が先制点を入れても、PKを外しても下を向くことなくプレーしていたから、逆転できたのでは?と思っています。 とにかく盛岡商業はねばり強いチームだと思いました。 盛岡商業を応援していた私は、優勝が... [続きを読む]

受信: 2007年1月10日 (水) 17時29分

« モーツァルト vs. 美空ひばり | トップページ | エルビスの歌う、未練恋歌 »