« 史上最狂国家・米国の言動が「美しい国」日本の実質的憲法である | トップページ | 増税のために露払いをする日銀総裁 »

2007年1月15日 (月)

学問する心構え

1)志あるを要す。

2)恒あるを要す。

3)識あるを要す。

 とは、去年物故した白川静の言であった。

 この大学者の傑作な逸話が下記blogにある。「読むを要す。」

白川静のイナバウアー

〔補註〕下記もご参照を乞う。
学問する心構え(2)

|

« 史上最狂国家・米国の言動が「美しい国」日本の実質的憲法である | トップページ | 増税のために露払いをする日銀総裁 »

中国」カテゴリの記事

古代」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/13498612

この記事へのトラックバック一覧です: 学問する心構え:

« 史上最狂国家・米国の言動が「美しい国」日本の実質的憲法である | トップページ | 増税のために露払いをする日銀総裁 »