« 「愛」の新自由主義 | トップページ | 言葉と暴力 »

2007年2月 5日 (月)

「ゲド戦記」と人類学

 この見出しの所以は、「ゲド戦記」の著者にある。名を、ル=グウィン(Ursula Kroeber Le Guin、1929-)という。ミドルネームに注意して欲しい。そう、彼女は、米国の文化人類学者の大立者、 A. L. クローバーの娘なのである。また、母セオドーラ Theodora Kroeber は作家で《イシ――北米最後の野生インディアン》の著者でもある。

 なんつっても、本当は、1969年のSF小説「闇の左手The Left Hand of Darkness」というのが出世作で、代表作らしく、この作品で1970年にヒューゴー賞を得ているのだそうだ。米国SF界の女王らしいのだが、ここらへんには、とんと土地勘が働かないrenqingなので、ご存知のかたご助言を。

|

« 「愛」の新自由主義 | トップページ | 言葉と暴力 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

思想史」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

書評・紹介」カテゴリの記事

米国」カテゴリの記事

西洋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/13793947

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲド戦記」と人類学:

« 「愛」の新自由主義 | トップページ | 言葉と暴力 »