« 生きている殺生戒(せっしょうかい) | トップページ | 「ゲド戦記」と人類学 »

2007年2月 5日 (月)

「愛」の新自由主義

 いつも卓抜な文を書かれる足踏堂さんから、ちょいと刺激を受けて書いてみた。

 フランスの初期社会主義者に、シャルル・フーリエ(Francois Marie Charles Fourier、1772-1837)という破天荒な思想家≒妄想家がいる。この破天荒な著者にこれまた破天荒な著書がある。といっても、仏語版しかないから、内容に立ち入ることが出来ない。

 と思っていたら、昨年、日本語訳が出ていた。↓

シャルル・フーリエ『愛の新世界 』作品社 (2006年)

 中公「世界の名著」所収の、「産業的協同社会的新世界」でも面白すぎるのだから(なにしろ「愛の手形交換所」なんてものもあったな)、今、己の不明を恥じ、早速、地元の図書館に購入希望を書いておこう。シュールレアリストたちだけにフーリエを独占させておくには、面白すぎるのだ。

 なお、「めかけ」の語源については、《おかま》と鎌倉景政を参照。

|

« 生きている殺生戒(せっしょうかい) | トップページ | 「ゲド戦記」と人類学 »

思想史」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書評・紹介」カテゴリの記事

西洋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/13793840

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛」の新自由主義:

« 生きている殺生戒(せっしょうかい) | トップページ | 「ゲド戦記」と人類学 »