« 鎌倉紀行(2)-掃苔録篇- | トップページ | 「言葉の力」を思い出させるエッセイ »

2007年4月 1日 (日)

嫁の持参金は夫のものか?(古代ローマの場合)、参照追加4/5

 31  Ibi dos esse debet, ubi onera matrimonii sunt.
    (パウルス・学説彙纂第2巻第4章第5法文)
 「婚姻の負担が存在するところに嫁資が存在するべきである。」

 嫁資 dos というのは聞きなれない言葉であるが婚姻のさいに、社会的な慣行にしたがって、女の側が男の側に持参する金銭その他のもののことである。婚姻にあたって妻 が家長である夫または家長の夫権に服属する場合には、その女は実家における相続権を失うので、その代償として、財産をもたせてやるのが本来の意味であっ た。ところが、夫権に服属せず、従前のように実家の家長の家長権に服したまま婚姻に入る場合は、夫婦が家を別にしているのに、夫の側が婚姻費用を負担する という関係が生ずるので、嫁資はもとの意味を失って、その費用の分担という意味をもつようになった。これがこの格言の趣旨である。最初、嫁資は完全に夫の所有に帰した。

“ Dotis causa perpetura est. ”
(パウルス・学説彙纂第23巻第3章第1法文)
「嫁資の性質は永久的である。」

 しかし、共和政の終り頃から、離婚が日常茶飯となりはじめると、そのような取扱いは、再婚しようとする女にとってきわめて不利であったし、また夫が婚姻中に死亡した場合にも、妻が相続の上で優遇されなかったためもあって、嫁資が、婚姻解消後女やその設定者に返還されるように配慮され、その結果、嫁資は、夫の利得であるというよりも、むしろ、婚姻継続中に夫に信託されている財産にすぎないと考えられるようになった。そして、その返還を安全・円滑に行うために何種類もの巧妙な技術が何世紀にもわたって考案されている。妻の法律上の地位が劣悪であったにもかかわらず、社会的にはかならずしもそうでなかっ たのは、この嫁資の支えによるところが多い。

  以上すべて、柴田光蔵 『 ローマ法の基礎知識 』 有斐閣双書(1973年) 、pp.133-4、より。

*参照
磯田道史『武士の家計簿』
箪笥に封印

|

« 鎌倉紀行(2)-掃苔録篇- | トップページ | 「言葉の力」を思い出させるエッセイ »

フェミニズム・ジェンダー」カテゴリの記事

古代」カテゴリの記事

思想史」カテゴリの記事

文化史」カテゴリの記事

書評・紹介」カテゴリの記事

西洋」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/14478398

この記事へのトラックバック一覧です: 嫁の持参金は夫のものか?(古代ローマの場合)、参照追加4/5:

» 「終戦」か「敗戦」か [ 反戦老年委員会]
 歴史に関する書を中心に、格調高い書評を読ませていただいている「本に溺れたい」の [続きを読む]

受信: 2007年4月 2日 (月) 13時59分

« 鎌倉紀行(2)-掃苔録篇- | トップページ | 「言葉の力」を思い出させるエッセイ »