« 自己正当化の二つの道 | トップページ | 挫折と再生 »

2007年4月11日 (水)

コーチングの人間観

 そしてコーチには、コーチングの前提となる二つの「人間観」が求められます。  それは、相手をまず「能力を有する存在であると捉える」ということです。次に、「人はよりよく生きること、よりよい仕事をすることを望んでいる」ことをコーチ自身が知るということです。」
菅原裕子『コーチングの技術』講談社現代新書(2003年)、p.29

 これは、自由主義の人間観ともいえる。自由主義の人間観とは以下のようなものと考える。

 「人間とは、他者から学び成長することができる存在であり、またそれを求めている存在でもある。」

 つまり、社会とはそういう人間たちがお互いの成長のためにサポートしあう場であるべきだ、ということになろう。現状の日本の権力者たちが、上記とは全く正反対の人間観に立っていることは明らかだと思う。

|

« 自己正当化の二つの道 | トップページ | 挫折と再生 »

思想史」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/14643092

この記事へのトラックバック一覧です: コーチングの人間観:

« 自己正当化の二つの道 | トップページ | 挫折と再生 »