« 「タミフル」は何に効くか(4/29リンク追加) | トップページ | 「タミフル」はインフルエンザ・ウィルスに効く(4/29リンク追加) »

2007年4月15日 (日)

鎌倉紀行(3)-掃苔録篇-

 なだらかな山肌に、段々畑様の墓所が拵えられている。その中腹あたり。そこが小林秀雄の墓だ。地味な花が手向けられている。敷地の入り口には「小林家」。奥には五輪塔。掘り込まれた仏は輪郭も定かでない。けれん味が身上だった鬼籍の御当主からすると、その落ち着いた風情はちょっと意外。好感が持てた。

 立派だったのは、前田青邨筆塚。十三重塔である。立派過ぎて、絵師などという、いわばアウトカーストな稼業のものとしてはなんだかなぁ、という感じ。ま、(国立)東京藝術大学教授、文化勲章受章者、としては、本人がどうであれ、周辺にはあのように祭り上げたい人間は多数いたろう。ま、いいでしょう。

 ということで、掃苔録篇は終わり。中世都市鎌倉、一望篇を書くつもりだが、いつのことになるやら。

|

« 「タミフル」は何に効くか(4/29リンク追加) | トップページ | 「タミフル」はインフルエンザ・ウィルスに効く(4/29リンク追加) »

文化史」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/14692768

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉紀行(3)-掃苔録篇-:

« 「タミフル」は何に効くか(4/29リンク追加) | トップページ | 「タミフル」はインフルエンザ・ウィルスに効く(4/29リンク追加) »