« 一青窈の唄う「逢いたくて逢いたくて」(2) | トップページ | 「普遍」を「特殊」に引きずりおろす方法 »

2007年4月27日 (金)

「恋愛」の新明解国語辞典的意味

【恋愛】
 特定の異性に特別の感情をいだいて、二人だけで一緒に居たい、出来るなら合体したいという気持を持ちながら、それが、常にはかなえられないで、ひどく心を苦しめる・(まれにかなえられて歓喜する)状態。
 三省堂 新明解国語辞典第三版(1981年)

 これはまさに、黒井千次 『春の道標 』 新潮文庫(1984)、の明史の状態だ。『黄金の樹 』で、紆余曲折の末、その恋は成就する。ご関心のある向きは、お近くの図書館でどうぞ。品切れ中。

|

« 一青窈の唄う「逢いたくて逢いたくて」(2) | トップページ | 「普遍」を「特殊」に引きずりおろす方法 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/14859153

この記事へのトラックバック一覧です: 「恋愛」の新明解国語辞典的意味:

« 一青窈の唄う「逢いたくて逢いたくて」(2) | トップページ | 「普遍」を「特殊」に引きずりおろす方法 »