« マックス・ヴェーバー『職業としての政治』(1919)(3) | トップページ | Marx と Weber »

2007年5月 1日 (火)

「Immanuel Kant」カテゴリー追加

 「Immanuel Kant」カテゴリーを、追加しました。

 カントのものは、たかだか、文庫本一冊ぐらいしか読んでない。むかし、中公の「世界の名著」で、「人倫の形而上学」を読もうとして速攻で脱落した記憶はかすかにあるけど。

 そんな renqing だが、カントには少々含むところがあって、機会を見つけて批判的に取り上げたい、と考えている。若きカントの出発点が、Newton の自然学というところが、とてもとても引っかかるのだ。ま、そのうち、ということで。

|

« マックス・ヴェーバー『職業としての政治』(1919)(3) | トップページ | Marx と Weber »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Immanuel Kant」カテゴリー追加:

« マックス・ヴェーバー『職業としての政治』(1919)(3) | トップページ | Marx と Weber »