« 「Immanuel Kant」カテゴリー追加 | トップページ | 井上勝生 『幕末・維新』シリーズ日本近現代史(1) 岩波新書(2006年) »

2007年5月 2日 (水)

Marx と Weber

 かぐら川さんの、マックス・ヴェーバー『職業としての政治』(1919)(3) 、へのコメントに刺激されてフラッと書くことにした。内容は、この二人の知的巨人の唯物的基礎に関して。

 まずは両人の生没年から。

 Karl Marx   (文政元年1818 - 明治16年1883)、享年65歳
 Max Weber (元治元年1864 - 大正9年  1920)、享年56歳

 Marx の『資本論』第1巻の初版は、 慶応3年(1867)にハンブルグで出版されている。Weber 3歳である。Weber 19歳で、 Marx は没する。その前年に Weber  は、ハイデルベルグ大学で法律を学び始めているが、Marx がロンドンで客死した時、ストラスブルグで兵役中であった。

 Marx は、1849年からその没するまでロンドンで亡命生活を余儀なくされるが、マンチェスターの紡績工場を経営する資本家の息子であるエンゲルスも、1850 年から父親の経営を手助けするためイギリス生活を開始していた。有能なビジネスマンであったエンゲルスが父親のパートナー(つまり共同経営者)となって以 降は、現在の日本の物価水準で言えば、年間1000万円ほどの資金を Marx 家に援助していたようだ(森嶋通夫のエッセイによる)。つまり、当時で言えば、十分、イングランド中産階級の生活をしていたことになろう。娘たちに、世間に恥ずか しくない程度のみなりと教育を施せたのはいうまでもない。

 一方、Weber は、典型的なプロイセンの家長である父親とうまくいかず、またその父親から経済的に独立するにもなかなか大変で、精神的に苦しんでいたが、ついに1897 年7月その父親と、母親のいるまえで大喧嘩してしまう。父親はその翌月憂さ晴らしに、友人と旅行に出るが、旅先で病死する。その翌年から、精神疾患(うつ 病か?)に症状が出始め、休職、復職、また休職、といった繰り返しとなり、せっかく32歳の若さで得たハイデルベルグ大学(既に30歳でフライブルグ教授 に就任していたので、その2年後ハイデルベルグ大学にスカウトされたわけ)の教授職も、1903年には辞めざるを得なくなるが、それでは喰えなくなるの で、大学側の温情で名誉教授職というポストにしてもらうことになる。それでもかなり苦しかったようだが、その翌年あたりに、資産家だった母方の祖父の遺産 を分与してもらえることになり、ようやく経済的に安定する。ここから、彼の病も回復期に入り、「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」を始めとす る多産な一時期を迎えることになる。この後は、体調が回復すると研究を中心とした仕事を抱え込みすぎ、体調不良、転地療養、回復、またオーバーワーク、の サイクルで、比較的早い晩年を迎えることになる。renqingが以前、年譜から試算してみたら、1894年のフライブルグ大学教授就任(30歳)から、 没する1920年までの26年間で、講壇に立てたのは実質5年ほどだった。その間の彼の研究活動を支えていたのは、広大な屋敷を含む相続した遺産だったこ とはいうまでもない。

 この二人、もし、普通に大学教授職について、それを全うしていたら、と考えてみる。ま、わからないが、偉大な業績は残すことは間違いなかろうが、これほど独創的な仕事になっていたかどうか。疑問なしとしない。

|

« 「Immanuel Kant」カテゴリー追加 | トップページ | 井上勝生 『幕末・維新』シリーズ日本近現代史(1) 岩波新書(2006年) »

Max Weber」カテゴリの記事

思想史」カテゴリの記事

西洋」カテゴリの記事

資本主義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/14922182

この記事へのトラックバック一覧です: Marx と Weber:

« 「Immanuel Kant」カテゴリー追加 | トップページ | 井上勝生 『幕末・維新』シリーズ日本近現代史(1) 岩波新書(2006年) »