« Meiji Constitution の賞味期限 | トップページ | 日本国憲法は、1946年、すでに「改正」されている »

2007年5月15日 (火)

「従軍慰安婦問題」関連資料のリンク集

 この問題で、ネットからアクセスできる政府発表、公文書、一次資料、他参考サイト等を以下にまとめてみた。

1)政府発表

朝鮮半島出身者のいわゆる従軍慰安婦問題に関する加藤内閣官房長官発表
(平成4年7月6日)

慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話
(平成5年8月4日)

「いわゆる従軍慰安婦問題について」内閣官房内閣外政審議室
(平成5年8月4日)

2)デジタル記念館慰安婦問題とアジア女性基金 慰安婦関連歴史資料 

3)他

慰安婦・慰安所に関してオンラインで閲覧できる一次史料(追記あり)(Apes! Not Monkeys! はてな別館)

従軍慰安婦問題──何が問題なのか(モジモジ君の日記。みたいな。)

従軍慰安婦に向けての強制連行(激高老人のぶろぐ)

いわゆる「従軍慰安婦」問題について(タカマサのきまぐれ時評)

|

« Meiji Constitution の賞味期限 | トップページ | 日本国憲法は、1946年、すでに「改正」されている »

戦争」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

近現代」カテゴリの記事

コメント

あそこそこ さん、コメントありがとうございます。参考にさせて戴きます。

投稿: renqing | 2007年5月18日 (金) 00時39分

慰安婦関係なら、ここもなかなか充実してますよ

http://zeimusmaki.iza.ne.jp/blog/entry

投稿: あそこそこ | 2007年5月17日 (木) 23時24分

ハラナさん、どーも。
 この手の問題に対しては、「証拠を出せ、証拠をぉぉ。」っていう手合がほとんどのようです。したがって、不案内なrenqingがゴチャゴチャいうより、出来る限り日本語一次資料に近いdocumentsに、アクセス可能かつ便利なリンク集のほうが役に立つ、と思い立ちまして、作成しました。
 この問題そのものに反発を持つ方でも、とにかく本当に何があったのか事実を確認したいかた向けに利用して戴ければ嬉しいです。
 それにしても、アジア女性基金の実施した成果は巨大です。さすがは、「お上」がやるとすごい。ただ、何で、もう少し分かり易い、ページできなかったですかねぇ。それが出来ていれば、私が作る必要もなかったと思うんですが。

投稿: renqing | 2007年5月16日 (水) 02時03分

ケンシロウさん、どーも。
私もTBお返ししましたので、よろしくー。

投稿: renqing | 2007年5月16日 (水) 01時51分

■トラックバック・ご紹介ありがとうございました。■おかげさまで、当方のページが実に充実いたしました。
■とってもこいリンク集だとおもいます。これが、ベースになって、一層網羅的なリンク集が続々できますように。

投稿: ハラナ | 2007年5月15日 (火) 20時03分

 始めまして。 偶然このブログを見つけました。私は日本の戦争犯罪関連のリンク集を作りました。 このブログの紹介と共にトラバックさせてください。

投稿: ケンシロウ | 2007年5月15日 (火) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/15076870

この記事へのトラックバック一覧です: 「従軍慰安婦問題」関連資料のリンク集:

» ホワイトカラー・エグゼンプション [ホワイトカラー・エグゼンプション]
ホワイトカラー・エグゼンプションについて述べたページです。 [続きを読む]

受信: 2007年5月15日 (火) 08時06分

» 従軍慰安婦関連リンク集 [米国からの便り]
 私が数日前に従軍慰安婦や南京事件、731部隊関連のリンク集を載せましたが、従軍慰安婦問題だけに限ってリンク集を作っている方がいましたので紹介しておきます。 本に溺れたいさんのブログ... [続きを読む]

受信: 2007年5月15日 (火) 13時18分

» ウヨクの主張をすべて崩すHPやブログそして本の紹介 [米国からの便り]
今回は小林よしのりだけでなく、東中野に対して論破している方のHPを載せました。またアジア各国の歴史教科書の状況もまとめました。 あと産経の古森の模造を暴いているページも載せています。秦郁彦や藤岡信勝の間違いを紹介して... [続きを読む]

受信: 2007年5月15日 (火) 13時19分

« Meiji Constitution の賞味期限 | トップページ | 日本国憲法は、1946年、すでに「改正」されている »