« intuitionism 雑考 | トップページ | 中国人は「漢文」を読めるか(2) »

2007年7月15日 (日)

中国人は「漢文」を読めるか(1)〔参照サイト追加2011/01/19〕

 知人から概略、以下のような質問を受けた。

質問1.現代中国人は、いわゆる日本人が高校で習うような「漢文」を、中国語として無理なく読めるのか。

質問2.高校漢文などで習う「漢文訓読法」は、外国語の古典として「漢文」を読む際には意味があるのか。

 これについて、「漢文訓読法」にも、外国語としての「中国語」にも素人の私が答えるのは赤面の至りだが、その周辺のことで見聞したことがないこと もないので、少し書いてみることにする。明らかな間違いや誤解もあるかと思うので、気が付かれたら、コメント戴ければ幸いである。

■いかな生粋の中国人でも、古典語としての中国語を学習、訓練していなければ、いわゆる「漢文」、つまり古典文語としての中国語は理解できない

 これは、日本列島で生を受け、現代日本語の会話、読み書きが不自由なくできても、たんなるその事実のみでは、平安文学が理解できないのと同じです。

 おそらく、現代ギリシア人でも、古典語としてのギリシア語を学習しないかぎり、原文では、プラトンもソフォクレスも理解できないではないでしょうか。だから、現代ギリシア人が気軽によめるのは、現代ギリシア語訳だと思います。

 結局、古典とは、古代人が古代語で書いたものなのだから、それなりの知的準備が必要だということです。

■現代の中国人は、現代中国音で、古典中国語を読む

 これは、現代の教養ある日本人が、たとえば、谷崎潤一郎あたりが、書斎で万葉集を読むとき、古代日本語の音韻に注意しながら読んだりしない、のと同じです。奈良時代の日本語には母音が8つあったと言われています。

■中国語の世界とは実は、多言語の世界なので、例えば、広東語を日常語とする中国人は、広東語発音で古典中国語を読み、北京語ないし、普通話を日常語とする中国人は、それで古典語を読む

 中国語には、現代でも、八大方言といって、有名どころでは、北京語(いわゆる北京官話、のちの、普通話のベースになったもの)、上海語、客家語、 広東語、福建語、のような、方言があります。それぞれに native がいて、それぞれの native がそのまま話したら、お互いに通じません。

 解放前の中国ではありますが、魯迅(浙江省紹興の出身)が地方で(どこでだったか失念)講演する機会には、彼のなまりがひどくて、通訳がついたようです。ちなみに、魯迅は、彼の身の回りの世話もしていたその通訳の女性と結婚しています。

 香港映画を北京の映画館で見ると、中国語の字幕が付きます。北京人は広東語が分からないからです。

 この言語状況は、古代ならより甚だしいはずです。そこで、秦の始皇帝は、中華世界の統一のために、話される音の世界を統一しようとはせず(古代の テクノロジーでは無理ですから)、テクノロジーとしての書記法で統一をはかりました。それが小篆です。これによって初めて、中央権力が中国各地へ公的命令 を文書として発給することが可能となったわけです。

 つまり、中国という、古代から非常に広大な、かつ多人口、多言語を包摂する混沌とした世界=宇宙に、一つの人工的秩序をあたえるものが、漢字 だったわけです。それは、「音の断念」ゆえに得られたパワーでした。無論、中国語の言語としての特質も関係しますが、素人としてそこまで言及する知識がありませんので、歴史社会学的な側面のみの話です。

 漢字のこのような性格のため、ある種、容易に、全く言語構造を異にするにも関わらず、古代の朝鮮、日本、ベトナムにも、書記法というハイテクノロジーとして、まず支配層に浸透したわけです。

 だから、漢字そのものが、高度に、政治的、知的もので、そもそもが庶民には手の届かない、貴族的なしろものだったと考えたほうがよいでしょう。

■いわゆる「読書人」 intellectuals or the educated classes でなければ、いかな中国人でも、古典文語としての中国文=漢文は読めない

 1)の反面です。この事実は、古代中国から、現代中国まで同じです。なぜ、中国人が、知識人を「読書人」と言い習わしてきたかといえば、古典中国語で表記された文を読めるかどうかが、その知的断層を飛び越えられるかどうかの基準だからです。

 現代中国にまで存する懸絶した二つの世界、つまり、中国人エリートたちの持つ知的貴族性は、日本には(幸いなるか不幸なるか分かりません)、かな 文字の発明により存在しません。あるいは、その断層は曖昧となりました。これが、中国人の社会と日本人の社会の質の違いを生み出してる一つの要因になって います。

■日本の漢文訓読法は、過去の遺物か

 これについては、中国語を含めた外国語に弱い私などより下記のサイトを読んでみてください。

 日本で発達した漢文訓読法は、日本語話者にとって、歴史的に高度に洗練された技法であり、知的遺産です。これを現代中国語音読法と代替的に考えるのは愚かなことです。

 今は、全くダメですが、高校時代の一時期、漢文に熱中した瞬間があり、このときは、詩文なら初見でも結構、白文で読めた記憶があります。これも一種の語学なので、続けてないため衰え無くなってしまいました。

参照サイト
 漢学と中国語

〔追加2011/01/19〕「漢文」は「中国語」ではない

|

« intuitionism 雑考 | トップページ | 中国人は「漢文」を読めるか(2) »

中国」カテゴリの記事

古代」カテゴリの記事

思想史」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

東アジア」カテゴリの記事

コメント

後藤和夫様

丁寧なコメントありがとうございました。
参考になります。

近代白話文の成立に少し興味を持ちまして、
ネット上を検索すると、網羅的で信頼でき
そうな記事がありました。

弊ブログ記事にアクセス戴く方々向けに
情報共有として記載します。

現代中国語とは?
http://www.pacific-en.co.jp/x260-1.html

の中の、

A1.1. 現代書面語 (白話文)の成立
http://www.pacific-en.co.jp/x260-1-1.html#A-1-1

をご参照ください。

投稿: renqing | 2013年6月 4日 (火) 02時06分

先ほど長い時間を掛けて、なぜ「白話文」が難しいか、「白文」の「文言文」はどの様に読むかを延々と書いて、確認の場面で誤字を直そうと「Delete」を押したら、全て消えてしまいました。私の先生は、これまで誰も句読点を附けたことの無いという「文言文」の「白文」を、親切にもテキストに使ってくれましたので、コツが習得できました。しかしあの長文を再度打つ元気は有りませんので、どうしてもという方は、私宛メールを下さい。時間を頂ければ、「白話文」と「白文」の「文言文」と二回に分けてご返事差し上げます。 yttns201@ccn.aitai.ne.jp
但し、2013年8月20日から中国へ留学に行く予定ですからそれまでに。残念無念

投稿: 後藤和夫 | 2013年6月 3日 (月) 21時43分

私は研究者では有りませんが、一応十年間学部と、大学院で中国文学を専攻しました。その世界から離れてもう30年になります。ですからどこまで正確かは、自信がありませんが、思ったところを書いてみます。
文字の統一を図ると共に、文章語の統一を図りました。お互いの方言のため意思疎通を図るのは、困難ですので、まずは書面語をと言うことになりました。しかしその書面語も時代と共に変遷を重ね、その時代から離れるほど、難しくなります。しかし統一された書面語の需要は必ずあります。文学で無く、中央政府と、地方の文章のやり取り、中央での記録など皆必要です。これが定着したのは、多分科挙を通してと思われます。しかし漢文は知識人にも難しく、たまに句読点の附けるところを間違えて、魯迅から
揶揄されると言うこともありました。しかし一応の統一を見ましたから、その漢文は朝鮮、ベトナム、琉球まで及び、どこも公文書は漢文を使いましたし、明治時代の知識人は漢文の筆談で中国人と意思の疎通をし、漢文の中国旅行記を書いた者もいますし、夏目漱石の漢詩は魯迅から
褒められています。中国の国定の国語の教科書では小学校の二年から、漢詩が出てきます。小中では、それほどでは有りませんが、高校からは「文言文」が必修で、かなり難しいのも読みますし、大学受験に出題されますので、大学生であれば、ある程度の「文言文」は読めます。現在大学生の数は増えていますので、その層は厚くなっています。
ただし、では難しい「文言文」の読解とか「文言文」を使って作文とかはできないと思います。古い文学を専攻する学生なり、教授はある程度「文言文」を使いこなせると思いますが、確認したわけでは有りません。

 魯迅の通訳をしたのは、彼の、正確に言えば、愛人で、彼の学生だった、許広平が広東でしたのは知っています。訛りが強いと言っても、北京での講演に北京語の通訳は付きません。地方出身者が筆談でと言う訳にはいきませんから、共通の言葉が必要になり、「官話」が出来ました。いつからかは解りませんが、筆談では、いろいろ問題が生じますから、やはり早くから「官話」があったと考えて良いでしょう。ただ南京に首都が有ったときには南京訛りが入ったでしょうし、北京では北京訛りが入るのは避けられません。今の「普通話」はその直系です。「北京語」は「普通話」とは違いますし、少し聞けば「北京語」は「普通話」と違うことは解ります。

 次に日本での漢文ですが、理想から言えば、中国語の発音で読み、理解すると言うことになりますが、英語重視の日本に有って、第二外国語として、中国語を選択させ学ばせると言っても、週に二三時間ではとても漢文を賞味することは出来ません。それに中島敦のように、漢文読み下しに影響された小説家もでています。現行は、漢文読み下しを主とはしても、教師は中国語が出来、生徒に中国語の音で読んで聞かせる。ということが先ず為されねばなりません、

投稿: 後藤和夫 | 2013年6月 3日 (月) 18時30分

http://homepage2.nifty.com/kanbun/izanai/izanai1/02-02nyumon2.htm

大学の第二外国語に中国語を選んだので、大分忘れてしまっていますw

上のサイトが参考になると思うのですが、文語でも2500年の時を隔てると、ここまで違ってきます。

但し、舌を滑らせると中国の場合、「科挙」の存在が話をややこしくさせてしまいます。科挙というのは中国の「国家公務員試験」ですけど(一応wikipediaをお読みください)、その問題というのが、儒教の古典である、四書五経から出題されていました。ですからこれを受けようと思うものは、主だった注釈(これも膨大な数になる)も含めて全部丸暗記せねばなりません。清朝滅亡までは、文章を読める人間はこれらを理解できるのが普通のこと、だったと思います。

投稿: F.Nakajima | 2007年7月16日 (月) 14時25分

あと追伸で、たとえば筆談のときなどに古典漢文そのままの表現をすると、現代の中国の人はどう感じるのだろうか、とか興味あるところです。こんど旅行する時にでも試してみましょうかね。

投稿: まつもと | 2007年7月16日 (月) 00時59分

Fujiwaraさん、はじめまして。上の「知人」です。たいへん勉強になります。

> 文章中国語は漢代よりほとんど変化を遂げていない

素朴な疑問に、高校で漢文を習うときの躓きの石に、あの読んだり読まなかったりする助字とか語法、「而」とか「于」とか「而已」などがあると思うのですが、じっさい中国語圏に旅行してもまず見かけないのはなぜか?筆談しても「聞道」とか書く人がいないのは?ということがあって上のような問いになったわけです。

これらは白話文の興隆とともに使われなくなったのでしょうか。それとも私が知らないだけで、中国の生徒さんや学生さんは学校でちゃんと習うのでしょうか。

投稿: まつもと | 2007年7月16日 (月) 00時56分

 さて、この質問における前提条件として中国の「古典」というのが何時から何時までというのが、問題になりましょう。
 四書五経あるいは、それより遡るいわゆる「金石文」については、簡単に読むことはできません。金石文字の、どれがどの字なのか一見しただけでは、判別がつかないためです。しかし現代文に文字を書き直したものについては、読むこと自体は不可能ではありません。但し、文章はかなり晦渋なものです。
 時代をだいぶ下って、現代の中国人なら明代に書かれた西遊記なら読んで理解できるでしょうし、三国時代に諸葛孔明の書いた出師表ですら解るでしょう。それより遡って史記すら大意を掴むのは苦もなくできるでしょう。(私だって読めます)
 但し、例えば漢詩は近代のものでも読めないものが多々あります。これはわざと晦渋な文句を使っているためです。それに対し白楽天や陶淵明の詩なら、そう難しい字句を使っているわけでもありませんから読むのは難しくありません。又、特殊な文章、例えば日本語における判決文や行政関係などの特殊用語・表現で書かれているような文章は読むのに一苦労です。

 これは、口語体は各地で変化を遂げたのに対し、文章中国語は漢代よりほとんど変化を遂げていないことによります。
但し、文章が読めたのはいわゆる士大夫階級に限られるのもまた事実です。おそらく人口の大多数を占めた農夫などが文字を読めたとは思えません。

投稿: F.Nakajima | 2007年7月16日 (月) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/15765988

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人は「漢文」を読めるか(1)〔参照サイト追加2011/01/19〕:

« intuitionism 雑考 | トップページ | 中国人は「漢文」を読めるか(2) »