« 「啓蒙」雑考(2) | トップページ | 宇宙をかき混ぜちゃえ »

2007年9月28日 (金)

「啓蒙」雑考(補遺)

 一点、重要な主題のすり替えがあった。お恥ずかしい。(-_-;

 最初の質問は、enlightenment が誰によって「啓蒙」と訳されたのか、だった。しかるに、(2)での結論は、Aufklaerung → 啓蒙 の初訳は、どうも大西祝らしい、とまでしか迫れていなかった。申し訳ない。

 結局、今の段階では、enlightenment → 啓蒙 の初訳者が大西であるかどうかは不明としかいえない。私には。

 うーん。憶測すれば、たぶん、Aufklaerung → 啓蒙 がアカデミズムで定着するにしたがって、enlightenment → 啓蒙 も収斂したのではないか、というところだが、ま、どうかな? もうこれ以上探求する資源(元気、時間)が私にはないので、あきらめます。すみません。

〔参照〕

「啓蒙」雑考(1)

「啓蒙」雑考(2)

|

« 「啓蒙」雑考(2) | トップページ | 宇宙をかき混ぜちゃえ »

Immanuel Kant」カテゴリの記事

徳川史」カテゴリの記事

思想史」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

明治」カテゴリの記事

西洋」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

NKさん、励ましありがとうございます。
なんとか生きております。

「続編期待致します。」

はぁ。ま、もし他のついでに見つかれば、やってもいいかな、と。しばらくは、お預けということで、ご承知おきください。

投稿: renqing | 2007年10月 4日 (木) 03時14分

久しぶりに拝見致しました。お元気そうで何よりです。続編期待致します。

投稿: NK | 2007年10月 3日 (水) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/16598779

この記事へのトラックバック一覧です: 「啓蒙」雑考(補遺):

« 「啓蒙」雑考(2) | トップページ | 宇宙をかき混ぜちゃえ »