« 季節はずれの「桜坂」 | トップページ | 近世初期における人的資源としての牢人(浪人)問題 »

2007年11月 9日 (金)

腐りゆくアメリカ合衆帝国

 国際貢献という名で、米国の片棒を担いでいると、戦地帰還自衛隊員や退役自衛隊員が続々とこう↓なるんだろう。

 それは「テロとの闘い」以外のところで、国内の治安が本質的危機に晒されるということなのだ。

 「国内にテロリストがいる」と叫ぶ、そこの unco 。お前こそが列島の平和を乱す張本人だ。

<ホームレス>約4分の1が退役軍人 米民間団体調査

米国:増え続ける退役軍人ホームレス

|

« 季節はずれの「桜坂」 | トップページ | 近世初期における人的資源としての牢人(浪人)問題 »

戦争」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

米国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/17022632

この記事へのトラックバック一覧です: 腐りゆくアメリカ合衆帝国:

« 季節はずれの「桜坂」 | トップページ | 近世初期における人的資源としての牢人(浪人)問題 »