« 一次文献至上主義の陥穽 | トップページ | 羽入辰郎『マックス・ヴェーバーの哀しみ』PHP新書(2007年)(余計なお世話編)(2009/01/25追記) »

2007年12月30日 (日)

A Letter from Sir Isaiah Berlin (追記)

HEADINGTON HOUSE
OLD HIGH STREET, HEADINGTON
OXFORD, OX3 9HU

30 April 1992

Dear Mr. *******

  Thank you for your letter of 9 April.  I wish I could answer you as fully as you request, but I cannot do it, for the questions are too large, too general.  Thank you for your kind words about my works.

  About Marx.  Yes, I think that one of the causes of the collapse of the USSR is faith in Marx's theory of history.  It is that that animated both Socialists and Communists in Russia - the socialists modified their views in various ways, but in any case never came to power - but Lenin and his followers built their state on dogmas supplied by Marx, in particular his prophecies about the fate of capitalism and the inevitable emergence of a Communist society.  Very nearly all of Marx's prophecies have been falsified by history.  He was a remarkable thinker - his views on the powerful effect of technological development on culture, on the rise of Big Business and on the general nature of the values and political culture of capitalist society are still well worth studying.  But in general he has proved to be a false prophet, a God that failed.

  Now about nationalism.  Will it take us anywhere?  I hope not. Nationalism and racism and fanatical religion are all phenomena none of which where prophesied by anyone in the nineteenth century;  they all have destructive consequences.  Nationality as such is perfectly acceptable - national consciousness is something which a great many people naturally feel - patriotism is in no way reprehensible, indeed I feel it myself.  But nationalism is a pathological condition of national consciousness, and leads to war and destruction.  At present I see no way of averting its development, hence my pessimism.

  I do not think Marx was an opportunist, I think he was too fanatical for that.  It is fanatical faith that leads to destruction much more than dishonesty or opportunism - with opportunists one can always come to some agreement, or bribe them, or divert  their interests, but with fanatics there is no way forward.

  That is all I have to say to you.  I fear it is not what you asked for or expected - I can only apologise.

Yours sincerely,
Sir Isaiah Berlin

〔注記〕上記は、私が、 Oxford の Sir Isaiah Berlin 宛てに手紙で質問をしたことに対する返書、である。つまり私信だ。何故、今の時機に公開するのかと言えば、知識人の知的誠実さの見本がここに見られるから だ。どこの馬の骨か分からぬ極東の一読者からの漠然とした、それも歴史解釈や思想理解に関わる面倒な質問にも、簡略ではあっても、当時の彼の率直な view を示してくれている。そこには権威主義のかけらもない。私が9年前、岩波書店、『思想』編集部気付、羽入辰郎氏へ送った質問書への、なしの礫の対応と比べ るならば、贅言を要しまい。また、その内容の重要さを鑑みても、どこかで公開すべきだと考えていた。ただ、著作権の問題が気になるが、その点ご承知の方 からご助言戴ければ、削除することは吝かではない。

〔追記〕実は、故森嶋通夫氏から戴いた返信もあったのだが、数次におよぶ引越しで行方不明となってしまった。見つかったら、こちらに掲載する。(2007.12.30)

〔追記〕私が Sir Isaiah Berlin に送った質問内容について、その要点を書いておこう。
1)ソビエト社会主義連邦の崩壊は、冷戦の結果というより、このマルクス主義国家の土台にある、 Marx そのものの思想に淵源するものではないか。
2)ユーゴの悲劇に見られる、Nationalism は、我々をどこへ向かわせると思うか。

1)については、Berlin の処女作が、"Karl Marx"であり、同じユダヤ系としての愛憎があるであろう Marx に関し、現在の意見を聞きたかったため。
2)1) にも関連するが、Berlin が、ロシア帝政下のラトビア・リガ出身であり、バルトの独立に共感を持っていただろうということ、彼の Oxford における後継者、(ただしその時点では既に物故していた)故John Plamenatz が、悲劇の最中であった旧ユーゴスラビアのモンテネグロ出身であった事実からして、彼の今の見方、評価を聞きたかったことによる。 (2007.12.30)

|

« 一次文献至上主義の陥穽 | トップページ | 羽入辰郎『マックス・ヴェーバーの哀しみ』PHP新書(2007年)(余計なお世話編)(2009/01/25追記) »

Isaiah Berlin」カテゴリの記事

思想史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/17519741

この記事へのトラックバック一覧です: A Letter from Sir Isaiah Berlin (追記):

« 一次文献至上主義の陥穽 | トップページ | 羽入辰郎『マックス・ヴェーバーの哀しみ』PHP新書(2007年)(余計なお世話編)(2009/01/25追記) »