« 現代思想11月号臨時増刊号「総特集マックス・ウェーバー」青土社(2007年)(ver1.1) | トップページ | 自然状態(state of nature)について(1) »

2007年12月 4日 (火)

Himmelfarb vs. Skocpol

 少なくとも、米国東部における政治言説の先鋭な対立は、この二人を機軸にして回転しているように思う。ま、勘だけど。いろいろ調べたいが時間がない。

Gertrude Himmelfarb

Theda Skocpol

* Himmelfarb については下記参照。

橋本努『帝国の条件』弘文堂(2007年)

** Skocpol については下記参照。

シーダ・スコッチポル『失われた民主主義』慶應義塾大学出版会(2007年)

|

« 現代思想11月号臨時増刊号「総特集マックス・ウェーバー」青土社(2007年)(ver1.1) | トップページ | 自然状態(state of nature)について(1) »

ネオコン(Neocon)」カテゴリの記事

思想史」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

米国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/17270744

この記事へのトラックバック一覧です: Himmelfarb vs. Skocpol:

« 現代思想11月号臨時増刊号「総特集マックス・ウェーバー」青土社(2007年)(ver1.1) | トップページ | 自然状態(state of nature)について(1) »