« サルミ・テルマ・カクセイ | トップページ | 病気と食べ物(追記1/18) »

2008年1月17日 (木)

サルミ・テルマ・カクセイ(番外編)

 この朝鮮半島で行われた奴隷狩り戦争の際、大嶋忠泰の主(あるじ)、島津義弘が略取してきた朝鮮人陶工たちの宛がわれた地が、苗代川である。そこに明治大帝の御世、生を享けた少年、朴茂德。彼こそが、日米開戦時および敗戦時の外務大臣、東郷茂徳その人である。

 数奇な歴史のめぐり合わせと言うべきだろうか。

|

« サルミ・テルマ・カクセイ | トップページ | 病気と食べ物(追記1/18) »

中世」カテゴリの記事

戦争」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/17722322

この記事へのトラックバック一覧です: サルミ・テルマ・カクセイ(番外編):

« サルミ・テルマ・カクセイ | トップページ | 病気と食べ物(追記1/18) »