« 儒家思想における voice or exit | トップページ | 変ることの難しさ »

2008年3月26日 (水)

リンゴ8個とミカン6個(2)

 さて、前回は「引き算」だった。実はあれから「足し算」を小6の男の子にやってもらっていた。

「あのさ、この前ね、小1の女の子にやってもらったんだけど、ちょっと考えてみてくれない。リンゴ8個とミカン6個を足すと何個になる?」

 相手は、不審な顔をしていたが、素直に、

「14個。」

と答えてくれた。そこで、私は畳みかける。

「そうかぁ。計算はあってるね。じゃぁ、聞きたいんだけど、14個って、何が14個あるの?」

 一瞬、考えていたが、

「食べ物!」

と上手に答えてくれた。私は、「さすがぁ!」とか言いつつ、この問答は終了。

 本来、全く異なる個物であるリンゴ8個とミカン6個を対象とするなら、ベクトル量として考える必要がある。しかし、この男の子は自分でそれをスカラー量 に変換して答えてくれた。つまり、多次元の量を一次元の量に「次元低下」してくれたわけだ。これが人間の持つ、categorization 範疇化の能力である。つまり、「類」は、個物に内在しているわけではなく、それを対象とする人間側の都合によって、創出されるということである。
 もう少し、突っ込みたいのだが、時間が押しているので、次の機会に。

〔注〕 是非、下記の名著をご参照いただきたい。

渡辺慧『認識とパターン』岩波新書(1978年)

|

« 儒家思想における voice or exit | トップページ | 変ることの難しさ »

学習理論」カテゴリの記事

知識理論」カテゴリの記事

科学哲学/科学史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/40637147

この記事へのトラックバック一覧です: リンゴ8個とミカン6個(2):

» 数という概念、または数えるということについて [遠方からの手紙]
 ニュートンと、微積分についてどっちが先かという争いをしたことで有名なライプニッツに、「世の中に、まったく同じ2枚の葉は存在しない」という言葉がある。 この言葉は、どこかのお后様と宮殿の庭を散策していたときの言葉だそうだ。言われてみればまったくそのとお...... [続きを読む]

受信: 2008年4月 1日 (火) 22時30分

« 儒家思想における voice or exit | トップページ | 変ることの難しさ »