« 所得と雇用の分離 - 大恐慌への決め手 | トップページ | B.ラッセル「怠惰への讃歌」(1932) »

2009年3月22日 (日)

徳川文明の消尽の後に

 徳川慶喜は、大正2年(1913年)11月22日に没した。享年76歳。1868年の時点で、彼は31歳であった。すると、不本意ながら人生の過半を、明治コンスティテューション下で彼は過ごしたことになる。さて、そうすると、慶喜は江戸人なのであろうか、それとも明治人なのであろうか。

 日本における国勢調査は、大正9年(1920年)から始まる。ということは精密な人口データはこれ以降であり、それ以前の人口に関するデータはそれぞれ推計しなければならないわけだ。それはちと面倒なので、第一回国勢調査のデータを使って、大正時代の年齢構成を調べてみよう。

 ちなみに、国勢調査の時系列データは下記から容易にExcelファイルとして入手可能である。

政府統計の総合窓口 GL08020101

 大正9年の総人口は、55,963,053人。そこから、15歳未満人口20,416,202人を差し引く。すると、大正9年の15歳以上人口35,546,851人が出る。これが大正9年の大人人口と言ってよいだろう。なにしろこの頃大抵の15歳は既に働いていたのだ。

 一方、大正9年の65歳以上人口はといえば、2,941,356人。この時点で65歳ということは、明治維新(1868年)の際、15歳前後であり、一通り大人になるトレーニングを済ませ、これから社会へ旅立とうという大人(予備軍)であり、既に徳川社会の息吹を胸深く吸い込み、脳裏に刻み込んでいる人々ということになる。いわば江戸人だ。

 それでは、大正9年の大人社会における江戸人比率を出してみよう。

2,941,356 ÷ 35,546,851 × 100 = 8.3%(大正9年の江戸人比率)

 意外にも、大正9年当時、大人社会において、江戸人は1割近く存命していたということがわかる。それは、大正の時代においても、江戸人が何がしかの重みを持っていたことを意味しよう。

 ところが、その五年後、第二回国勢調査(大正14年1925)において、70歳以上人口(江戸人)の大人社会に占める比率は、4.6%と半減する。

 以上のことを総合して整理すればこうなろう。この列島の近代史において、明治コンスティテューションが、徳川文明の人的影響下から完全に離脱したのが、大正年間である。

 故司馬遼太郎は、唾棄するほど昭和初期が嫌いだったという。それが「日本」であるはずがない。本物の素晴らしい日本は別に、その前にあったはずだ。それが彼の明治国家顕彰活動をもたらした。

 しかし、司馬は少し勘違いしていた。もし明治に輝かしい日々があったのだとしたら、それは徳川文明を身に宿した江戸人によって達成されたのであり、昭和初期が唾棄すべき時代であったとしたなら、それは明治の御世に大人になった連中、すなわち明治人によって、徳川文明の遺産が消尽された後に、もたらされたものなのである。

〔参照〕 明治エリートの起源

|

« 所得と雇用の分離 - 大恐慌への決め手 | トップページ | B.ラッセル「怠惰への讃歌」(1932) »

明治」カテゴリの記事

大正」カテゴリの記事

歴史と人口」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 徳川文明の消尽の後に:

« 所得と雇用の分離 - 大恐慌への決め手 | トップページ | B.ラッセル「怠惰への讃歌」(1932) »