« 帝国は近代主権国家になれない | トップページ | 19世紀徳川公儀体制の黄昏 »

2009年6月 5日 (金)

リベラリズムの核心は、自由ではなく正義である

自由は、正義理念が課す公共性の規律に服してはじめて、「他者からの自由」、すなわち、他者を支配ないし同化するか、それができなければ排除するという権力への欲動を秘めた自己力能化としての自由から、「他者への自由」、すなわち、他者の批判と撹乱的影響を自己の精神の地平を拡大再編する自己変容の触媒として受けとめる自由へと成熟することができます。正義に先立つ主体の能力としての「他者からの自由」」ではなく、正義が可能にする「他者への自由」こそが、リベラリズムの認知をうける自由です。リベラリズムの基底的理念は自由ではなく正義であるとというのは、この意味でおいてです。
井上達夫「リベラリズムをなぜ問うのか―『他者への自由 』韓国語版への序文―」 『創文』NO.519(2009年5月)、p.6より

 うーむ、なかなか難しい。相互批判の自由が人間各自の人間的成長の機会であり、相互批判という他者干渉が許されるのは、正義という名の公共性の規律に各自が服しているときである、という意味のような気がする。ま、捲土重来、と言うことにしておこう。

|

« 帝国は近代主権国家になれない | トップページ | 19世紀徳川公儀体制の黄昏 »

政治哲学・政治理論」カテゴリの記事

書評・紹介」カテゴリの記事

法哲学・法理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/45238891

この記事へのトラックバック一覧です: リベラリズムの核心は、自由ではなく正義である:

« 帝国は近代主権国家になれない | トップページ | 19世紀徳川公儀体制の黄昏 »