« 徳川思想史と「心」を巡る幾つかの備忘録 | トップページ | 歴史における「なぜ」と「どのようにして」 "Why" and "How" in the history »

2010年1月 1日 (金)

徳川思想史と「心」を巡る幾つかの備忘録(補遺)

■「良心」と「conscience」(補遺)

・井上哲次郎編『哲学字彙』*の初版、明治14年(1881)でも一応チェックした。下記の如し。

「Conscience 道念、良心」

・ヘボンの『和英語語林集成』第三版(1886 明治19)**では、以下の通り。

「CONSCIENCE Honshin(本心), ryoshin(良心)」

「RYOSHIN リヤウシン 良心  Conscience :
  narawazu shite yoshi ashi wo wakimaeru wo - to iu.」
  (習わずして、善し悪しを弁えるを(と)言う)

「RYOCHI リヤウチ 良知      Innate or intuitive knowledge :
  narawazu shite shiru wo - to iu.」
  (習わずして、知るを(と)言う)

*近代デジタルライブラリー(国立国会図書館)より

**講談社学術文庫版(1980)

|

« 徳川思想史と「心」を巡る幾つかの備忘録 | トップページ | 歴史における「なぜ」と「どのようにして」 "Why" and "How" in the history »

備忘録」カテゴリの記事

幕末・明治維新」カテゴリの記事

思想史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104369/47177555

この記事へのトラックバック一覧です: 徳川思想史と「心」を巡る幾つかの備忘録(補遺):

« 徳川思想史と「心」を巡る幾つかの備忘録 | トップページ | 歴史における「なぜ」と「どのようにして」 "Why" and "How" in the history »